Events

ワークショップLean LaunchPad Osaka リーン ローンチパッド 実践ワークショップ

主催:大阪市都市計画局 運営:innovate! osaka

( 13年06月07日 ) events

スタンフォード大学Steve Blank氏の起業家育成プログラム大阪版

リーンスタートアップ思想の先駆け、スタンフォード大学准教授のSteve Blank氏が提唱する顧客開発モデル(Customer Development Model) の実践プログラム「リーンローンチパッド 」(Lean LaunchPad)を再編成した4日間の短期プログラム。アントレプレナーや企業の新規事業担当者が、新規事業を立ち上げるための経営スキルを磨くための特別ワークショップとしてOsaka Innvation Hubにて実施。

開催日時

2013年6月29日(土)13:30〜、7月6日(土)13:30〜、7月27日(土)13:30〜、8月17日(土)13:30〜

対象

成長性のある新規事業の立ち上げを目指すアントレプレナー、企業内の新規事業担当者や新製品/サービスの研究開発者、これらを目指す社会人や学生

お申込みにあたって

  • 成長性のある新規事業のアイデアを最低1つ想定の上、参加申し込み頂くことが要件となります。
  • 効果的に講座を運営させていただくため、あらかじめ3~4人程度のグループを編成させていただきます。
    ※本講座では、グループの各メンバーの事業アイデアから1つを選んで取り組むこととなるため、御自身の事業アイデアを取り組めない可能性があります。
  • 自分の事業アイデアを題材に取り組みたい方は、その事業アイデアを共同で取り組むことを合意済みの3人以上のグループで応募ください。

定員

24名 (申込多数の場合は、講師等により事前審査し、参加者を決定します。)

参加費用

税込 2,000円
※初回にお支払いをお願いします
※テキスト代別途(各自でご用意下さい)

テキスト

「スタートアップ・マニュアル」(税込3,360円)
スティーブン・G・ブランク (著), ボブ・ドーフ (著), 飯野 将人 (訳), 堤 孝志 (訳) を
事前にご購入し、予習後、ご持参ください。 
http://www.amazon.co.jp/dp/4798128511

会場

Osaka Innovation Hub (大阪イノベーションハブ)
大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 タワーC 7階
アクセスの詳細はこちら

ただし、第二回(7月6日)のみ以下の場所で実施
公益財団法人都市活力研究所グローバルベンチャーハビタット
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階
(大阪イノベーションハブ隣)

プログラムについて

本講座は、スタンフォード大学で教鞭をとるSteve Blank氏によるアントレプレナー、企業内の新規事業担当者や研究開発者のための実践的起業家教育プログラムLean Lauchpad(全10回のプログラム)を4回に凝縮し、短期間で学べるようにしたワークショップです。

このワークショップでは、まず新規事業立ち上げの経営理論である顧客開発モデルや、ビジネスモデルの評価・分析のためのフレームワークであるビジネスモデル・キャンバスなどの経営ツールについて学ぶことからスタートします。

これらの理論・ツールを学んだ後は、それを自分で使いこなせるようになるべく、各受講者が持ち込む新規事業のアイデアの中からグループで1つ選んだものを題材として、ビジネスモデル・キャンバスによりビジネスモデルをデザインし、顧客開発モデルに従ってビジネスモデルの仮説検証を実際に行っていきます。

検証作業には実際に多数の潜在顧客にインタビューを行うことも含まれます。このような実践を通じて、仮説検証と軌道修正(ピボット)を迅速に何度も繰り返すリーンスタートアップを自ら体験し、「再現性がありスケーラブルなビジネスモデルの探索」という新規事業立ち上げ特有の経営スキルを身に付けていきます。

講師は、Steve Blank氏の直伝の弟子である堤孝志氏と飯野将人氏が務めます。

※本講座にSteve Blank氏自身は参加致しません。

スケジュール

第一回 6月29日(土) 13:30〜17:30 (4時間)
・オリエンテーション(グルーピング、シラバス説明)、
・基礎理論講義(顧客開発モデル、ビジネスモデル・キャンバス、キャズム理論他)
・ビジネスモデル仮説の構築と中間発表(宿題:ビジネスモデル仮説の完成)

第二回 7月6日(土) 13:30〜16:30 (3時間)
・ビジネスモデル仮説の発表とクラス討論
・講義(顧客開発のためのインタビュー手法)
・演習(インタビュースクリプトの作成と模擬インタビュー)
(宿題:顧客インタビュー(1人10件以上)の実施と、それによるビジネスモデル仮説の検証)

第三回 7月27日(土) 13:30〜16:30 (3時間)
・インタビューの結果とビジネスモデル仮説の検証状況の発表
・講義(市場タイプ他、補完的な概念・フレームワークについて)
(宿題:ミニマムバイアブルプロダクトの開発、顧客インタビュー(1人10件以上)の実施と、それによるビジネスモデル仮説の検証)

第四回 8月17日(土) 13:30〜16:30 (3時間)
・インタビューの結果とビジネスモデル仮説の検証状況の発表
・全体総括
・講師・受講者の投票による優秀賞とインサイト賞の選出

第4回目の授業後に二時間前後、修了式・表彰式を兼ねた懇親会を開催します(別途会費制)

講師プロフィール

堤 孝志 氏
mr_tsutsumi
総合商社、シリコンバレーのVCを経て、2003年から国内のVCに勤務。日米・アジアにて幅広くベンチャー投資活動を行う。傍ら個人的な活動として「顧客開発モデル」を中心とした講演や、その実践講座「リーンローンチパッド」を精力的に行っている。東京理科大学工学部卒。McGill大学経営大学院修了。訳書に『アントレプレナーの教科書』『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)がある。


飯野 将人 氏
mr_iino
大手金融機関、米系コングロマリットといった大企業勤務の後、日米複数のスタートアップの経営に参画。その後2003年から2012年まで国内VCにてベンチャー投資に取り組む。2012年4月より西海岸発のハイテクベンチャー、ナント・モバイル取締役副社長に就任。傍ら個人的な活動として「顧客開発モデル」を中心とした講演や、その実践講座「リーンローンチパッド」を精力的に行っている。東京大学法学部卒。米国ハーバード大学経営大学院修了。訳書に『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社) 、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)がある。


事前学習と教科書

(1) 参加者は以下の教科書を事前に予習して参加することが求められます。
スタートアップ・マニュアル (http://www.amazon.co.jp/dp/4798128511)

(2) 以下の参考書にも目を通しておくことが望まれます。
アントレプレナーの教科書 (http://www.amazon.co.jp/dp/4798117552)
ビジネスモデルジェネレーション (http://www.amazon.co.jp/dp/4798122971)
顧客開発のトリセツ(http://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/189566)

申し込みから受講までの流れ

(1)申込(エントリーシート提出 ※エントリーシートは、申し込み完了画面および完了メールにてご案内いたします。)
(2)事前審査/参加者確定/事務局によるグループ編成
(3)25日に、申し込み者の方へ、事務局より参加の可否のご連絡

その他諸注意

・公開した場での相互学習となりますので、新規事業のアイデア他の情報について、共有したくない方は参加を御遠慮ください。
・原則全ての回の出席が求められます。
・本講座内でのコミュニケーションには電子メールの他、Googleドライブ、Facebookグループを活用しますので、GoogleとFacebookでのアカウント保有が必須となります。


お問い合せ先

innovate! osaka 事務局
電話 06-6359-3004 (月~金 10:00~20:30 ※祝日、年末年始除く)
お問い合わせフォームはこちら

※本事業は、大阪市より委託を受けた、(株)国際電気通信基礎技術研究所、(株)サンブリッジグローバルベンチャーズ、(公財)都市活力研究所、産創館を運営する(公財)大阪市都市型産業振興センターの共同体であるinnovate! osakaが運営しています。

申込締切日時

6月21日(金)17:00(エントリーシート提出)

定員に達したため、応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

( 13年06月07日 )
PAGE TOP