Events

【OIHカレッジ】事業の成功確率を上げるスタートアップメソッド

( 16年10月11日 )

対象 学生(高校生、大学生、大学院生)、シード~スタートアップ期の起業家
開催日時 第0回 11月25日(金)19:00-20:00(単独参加者の方のみ)
第1回 11月27日(日) 10:00-18:00
第2回 12月18日(日)10:00-18:00
第3回 1月8日(日) 10:00-18:00
第4回 1月29日(日)16:00-19:00
※すべてにご出席いただくことが望ましいですが、
 それがお難しい場合は、出席時にその旨を講師またはスタッフまでお伝えください。
申込締切日時 2016年11月24日(木)
開催場所 Osaka Innovation Hub
定 員 15名
満席になり次第、締め切ります
料 金 単独参加:税込20,000円  チーム参加(5名まで):税込30,000円
会場受付にて現金でお支払いください。
※チーム参加の場合、5名チームなら一人6,000円となります。
お問合せ先 Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ)
〒530-0011
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワーC7階
TEL:06-6359-3004 E-MAIL:ohclub@innovation-osaka.jp
(月‐金 10:00〜18:00 ※祝日、年末年始除く)

申込む

事業の成功確率をあげるプロセスを実践的&徹底的に学ぶ!

概要

OIHカレッジでは、ビジネスモデルをスケールさせることを目的に実践に即したメソッドを提供するワークショップを開催しています。
 
そのメソッドとは、「リーン・ローンチ・パッド(LLP)」。
これまで100名以上が受講し、多くの方が短期間に事業を立ち上げることに成功したOIHの定番プログラムです。
 
LLPのポイントは、実践を通じて、製品・サービスの仮説検証と軌道修正(ピボット)を迅速に何度も繰り返す点。
 
本プログラムでは、LLP(全10回のプログラム)をぎゅっと凝縮し、短期間で実践できる特別ワークショップとして提供。
LLPを自ら体験し、「再現性がありスケーラブルなビジネスモデルの探索」という新規事業立ち上げ特有の経営スキルを身に付けていただきます。
 
すでに起業している方や、チームビルディング済みの方は、メンバーと一緒に応募いただけます。また、単独で参加される場合は、プログラムスタート前に、OIHでアイデアを発表いただき、チームビルディングします。
 
OIHならではの特典として、ワークショップ終了後、希望者にはシリコンバレーでの海外ワークショップなど、事業化につながるプログラムもご案内します。
 
ご自身のビジネスの成功可能性を高めたい方の参加をお待ちしております!

リーン・ローンチ パッドについて

シリコンバレーにあるスタンフォード大学准教授のスティーブン・G・ブランク氏(「リーンスタートアップ」思想の先駆け)が提唱して以来、今ではベンチャー起業家が実践すべき定番の事業開発手法となりました。
本プログラムでは、講師はスティーブンの愛弟子として、日本でリーンローンチパッドの第一人者として活躍される堤氏と飯野氏が担当。しっかりと時間をかけてビジネスモデルをブラッシュアップしスケールするために必要な課題に正面から取り組み、解決していきます。
 

  • 【Point1】

    顧客開発モデルやビジネスモデル・キャンバスなどの経営ツールについて学びます。

  •  

  • 【Point2】

    実際に多数の潜在顧客にインタビューを行いながら、提供価値を検証するための最小限の製品(ミニマムバイアブルプロダクト)を作り上げます。

  •  

  • 【Point3】

    実践を通じて、仮説検証と軌道修正(ピボット)を迅速に何度も繰り返すこと(リーンスタートアップ)を自ら体験し、 「再現性がありスケーラブルなビジネスモデルの探索」という経営スキルを身に付けていきます。

 
【スティーブン・G・ブランク氏からのメッセージ】

プログラム

  • 第0回 11月25日(金)19:00-20:00
    ・単独参加者のアイデア発表とチームビルディング
  •  

  • 第1回 11月27日(日) 10:00-18:00 【オリエン&講義】
    ・リーンローンチパッドのメソッド(全体像)
    次回までの宿題:アーリーアダプターへのインタビューとプレゼン資料作り
  •  

  • 第2回 12月18日(日)10:00-18:00【検証結果の発表 】
    ・MVPの作り方(ランディングページやビデオ等)
    次回までの宿題:事業の不透明な点や矛盾点を解消し、再度プレゼン資料を作り直す
  •  

  • 第3回 1月8日(日) 10:00-18:00【事業計画の作り方】
    ・収益モデルの構築、プレゼン作成法とピッチのコツの習得
    次回までの宿題:数値計画の見込みと事業計画のブラッシュアップ
  •  

  • 第4回 1月29日(日)16:00-19:00【発表】
    ・パワポを使ったプレゼン
    ・講師、受講者、LLP卒業生、コネクター等の投票による最優秀賞との選出
    ・海外ワークショップの案内

 
【当日の持ち物について】
・ノートPC(PowerPoint又はキーノートが入っていること、無線インターネットに対応していること)
・筆記用具

講師

堤さん写真

堤 孝志 氏

シリコンバレーおよび国内のベンチャーキャピタルにおいて、20年以上に渡ってリスクの高い新規事業の立ち上げに参画。
日米・アジアにて幅広くベンチャー投資活動を行う傍ら、「顧客開発モデル」を中心とした講演、レクチャーを展開。
2014年に「ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社」を飯野氏と共同設立。
東京理科大学工学部卒。McGill大学経営大学院修了。
訳書に『アントレプレナーの教科書』、『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『リーン顧客開発』、『リーン・ブランディング』(オライリー・ジャパン)、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)等。

 
 

飯野さん写真

飯野 将人 氏

大手金融機関、米国コングロマリットなどの大企業勤務、VCにおけるベンチャー投資に取り組む傍ら、日米複数のスタートアップ企業の経営に参画。
堤氏とともに「顧客開発モデル」を中心とした講演、レクチャーを精力的に展開。
2014年、堤氏と共にラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社を共同設立。
東京大学法学部卒。米国ハーバード大学経営大学院修了。
訳書に『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『リーン顧客開発』、『リーン・ブランディング(オライリー・ジャパン)、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)等。)

推薦図書

必須課題ではございませんが、事前にお読みいただくと理解が深まります。
 

  • 【1】『リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす』
    (著者:エリック・リース)
  •  

  • 【2】『ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書』
    (著者:アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュール)
  •  

  • 【3】『スタートアップ・マニュアル ベンチャー創業から大企業の新事業立ち上げまで』
    (著者:スティーブン・G・ブランク)
  •  

  • 【4】『クリエイティブ・マインドセット想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』
    (著者:デイヴィッド ケリー)

 


 

参加にあたっての注意事項

    イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。
    これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。

 

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、開催日当日の参加取消しやキャンセル処理なくご欠席される場合は、今後のお申込をお断りする場合がございます。
  • ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

 

個人情報の取り扱いについて

 

イベントについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

 
 

申込む

( 16年10月11日 )
PAGE TOP