Event Reports

【ポスターセッション&情報交換会】Innovation Exchange Vol.03

( 13年02月28日 ) IMG_0477

2013年2月28日開催、【Innovation Exchange Vol.03】 最新ICTでイノベーションを起こす!の、ポスターセッション出展企業・団体のご紹介をいたします。

下記にて、出展者からのコメントを含め、情報をおまとめいたしました。
どのような技術が展示されているか、是非チェックしてください。

ポスター展示企業

北陽電機株式会社

簡易型人数カウントシステム「オールインワンタイプ」

センサ、コントローラを1つに収納し、コンパクトで低価格を実現した人数カウントシステムです。壁面に設置するだけなので、大がかりな工事が不要で後付けにも最適です。また、集計アプリにより簡単・的確にデータ収集が可能です。

report20130228-001


株式会社レイトロン

レイトロン製品紹介ページはこちら
雑音に強く高認識率のフレーズ音声認識システム
  • 展示会場の様な雑音環境下での音声認識が可能!
  • 雑音環境下における高性能音声区間検出!※1
  • Always Listening 機能搭載(認識トリガが不要:「ボタンを押して」、「音声ワードを言って」不要!)
  • 登録フレーズのみを抽出する棄却フィルタリング※2
  • マイクから2~3m離れた所からの音声認識が可能!
  • 高性能LSI処理で、リアルタイム・高認識率・低誤認識による単体での音声認識操作を実現!!

(※1 : 特許取得済)
(※2 : 特許出願申請中)

→ 家電、カーナビゲーション、カーコンソール、生産機器、医療機器、券売機、PC、携帯電話、タブレット等の機器制御全般の組込型音声認識システム。

→ モジュール、LSI、IPでの提供が可能。

悲鳴認識システム
  • 女性の悲鳴の特徴を検出するシステム。
  • 悲鳴を検出すると、パルス・レベルにて、警報装置や監視カメラ、ハードディスクレコーダを作動させる事が可能。
  • ビルの非常階段等の、人気の少ない場所での防犯に役立ちます。

→ エレベータ、セキュリティ機器、セキュリティカメラ、携帯電話、携帯型防犯機器等に最適。

→ モジュール、LSI、IPでの提供が可能。
株式会社レイトロンの音声認識プロダクトはこちら


フジ印刷株式会社

サービスの詳細はこちら

iPhone,Android対応のスマホアプリ「POPLAR」は、月額6.5万円から御社名でARコンテンツが登録できます!地域や商品、会社やお店 のPRからホームページへの誘導まで、多彩な機能で様々な用途にご利用頂けます。登録できるコンテンツも幅広く、画像、動画、3D、更にはパノラマ表示に まで対応!是非ご活用ください!また「POPLAR」自体のOEM提供も賜ります。まずはご連絡ください!
ARアプリ開発実績はこちら


大阪電気通信大学 研究連携推進センター

大阪電気通信大学研究連携推進センターは①産学連携、②地域連携、③知的財産の3つをキーワードに、研究・教育の成果を社会還元するとともに、新しい科学・技術の可能性を発掘し、これを推進していきます。

今回、産学連携の実用化を目指すテーマとして「ネットワーク負荷を考慮した動画像ストリーミング」を紹介します。

近年、YouTube に代表されるTCP を用いた動画像ストリーミングが普及しています。しかしながら、TCP は,貪欲な転送制御を行うため、他のトラヒックの帯域を不要に奪い問題があります。そこで、この問題を解決する新たな TCP を提案し、Linux 上に実装し、その有効性を示しました。このTCPは、サーバ側の変更のみで利用することができ、ユーザの環境は一切変更する必要がなく、移行が容易であることも特徴の一つです。


奈良先端科学技術大学院大学・産官学連携推進本部

ユビキタスコンピューティングシステム研究室

ユビキタスをキーワードにした研究開発を行っています。
試作や実証実験のパートナーを探しています。

  1. 「スマートフォンによる心拍数推定方式」奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科ユビキタスコンピューティングシステム研究室教授;安本慶一
  2. 「SNSを用いたホームネットワークの遠隔制御・監視ミドルウェア」奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科ユビキタスコンピューティングシステム研究室教授; 安本慶一

奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科

アクティブ骨導音センシングという世界的にも新しい計測手法を研究開発しております。

アクチュエータを用いて振動を骨に能動的に入力し、伝達する振動の変化をセンシングすることで、関節角度推定が可能です。

肘や指関節での推定実績がありますが、その他の関節でも利用は可能と思っております。これまでの計測装置では関節角度の推定が難しいと考えていた方、是非一度ご相談下さい。また、受動的な骨導音センシング技術としてタップ位置の推定技術も紹介致しますので、こちらも興味のある方はご相談下さい。
アクティブ骨導音センシングなど、研究者の技術開発情報はこちら


龍谷大学Ryukoku Extension Center

龍谷大学理工学部システムソフトウェア研究室で研究・開発を行っている技術をサービス開発・展開の観点から紹介する。「低コストで実現・運用が可能なWebサービス」では、サーバを低コストで構築し、少ない手間で運用するための手法について述べる。

また、大量のコンテンツの管理する手法、動画配信やSNSのサービスを運用する手法についても述べる。「無線センサデバイスを用いた環境モニタリングシステム」では、気温や照度などの環境情報をモニタリングするシステムについて述べる。

本システムでは、通信の暗号化やデバイスの認証によって、安全なモニタリングを実現している。「動的環境向けリアルタイムシステム」では、動画再生などソフトリアルタイムアプリケーションのためのシステムについて述べる。

本システムは、スマートフォンのような演算能力が低い環境に対応可能である。「分散環境でのメモリ共有型プロセス実行環境」では、複数の計算機からのプロセスの共有を可能にするシステムについて述べる。本システムによって、通常のプロセスを、変更を加えることなく、多数の計算機を使用して動作させることが可能になる。


以上が、今回のポスターセッションの参加企業・団体となります。

「こんなことは可能?」といったご質問など、対面をしながら直接お話しいただける機会となっております。

イベント後も気になる技術や企業・団体については、イベント事務局にお問い合わせくださいませ。

( 13年02月28日 )
PAGE TOP