Event Reports

【イベントレポート】ものアプリハッカソン 2013.01.26-2013.01.27

( 13年01月28日 ) report20130128-001

平成25年1月26,27日に、2日間でICTを活用した全く新しい電化製品を作るイベント「ものアプリハッカソン」を開催いたしました。

ものアプリハッカソン 大阪市グローバルイノベーション創出支援事業
http://www.innovation-osaka.jp/ja/events/000003/

「ハッカソン」とは「ハック(Hack)」と「マラソン(Marathon)」の組み合わせで作られた造語で、ソフトウェア技術者などが短期間でソフトウェアやサービスを開発するというイベントとして世界中で開催されています。

今回の「ものアプリハッカソン」はこの今までソフトウェアの世界で行われてきたハッカソンを、電化製品などのハードウェアの世界で行おうという取り組みです。

開催の背景としては、昨今「メイカーズ・ムーブメント」といった言葉に象徴されるように、3Dプリンターなどの普及、Arduinoなどの高性能なオープンソース(設計情報が公開されているもの)のハードウェアの普及、製造業のファブレス化(自社工場をもたない)、といった様々な流れを受けて電化製品を扱うビジネスへの参入障壁が従来と比べ低下してきている状況があります。

こうした状況を背景に、大阪が従来から強みを有するものづくり分野と発展著しいICTを融合した「新しいものづくり」を象徴するイベントとして、今回、ものアプリハッカソンを開催いたしました。二日間という短期間でICTを活用した電化製品を作り出すという困難な目標にも関わらず、様々な才能ある方々にお集まりいただき、熱気にあふれたイベントとなりました。

大阪市もこの領域を次のイノベーション領域として注目している背景から、今回のものアプリハッカソンではこの「新しいものづくりへの挑戦」を象徴するイベントとして開催し、様々な才能ある技術者にお集まりいただいて2日間という短期間で電化製品を作り出すという、とても熱気のあるイベントとなりました。

イベント1日目

ものアプリハッカソンの1日目は、どんなユーザーに対してどんな価値を提供するのかといった製品のコンセプトを固めていくワークショップから始まりました。今回のものアプリハッカソンには、ハードウェア技術者、ソフトウェア技術者、デザイナー(マーケター含む)の3つの参加枠に対して募集を上回る総勢44名のメンバーが集結し、これらの参加者が4〜5人の10グループに分かれ、事務局から提示されるお題から取り組みたいテーマを選択してコンセプト作りに取り組みました。

report20130128-002
テーマを選択した後は、デザイン思考の流れを汲んだ手法でコンセプトを生み出しすプロセスが進みます。

このデザイン思考はアメリカのデザイン・コンサルティング・ファームIDEO社(アイデオ)やスタンフォード大学d.schoolから生まれたとされる、イノベーションを生み出す方法論として注目されている手法であり、今回のこのワークショップの設計および進行はGOB Laboratoryの山口高弘氏を講師に迎えて展開されました。

report20130128-003
各チームの製品のコンセプトが出揃った後、一次審査に入ります。各チームが、この製品はどんなユーザーの、どんな課題に対して、どのような解決策を出すのかを熱く語っていきます。

report20130128-004
一次審査の後、審査結果が発表されるまでの間には、日本発の家電ベンチャーとしても著名で今回の審査委員長でもある株式会社Cerevo代表取締役の岩佐琢磨さんによる、ハードウェア領域での起業やビジネス・チャンスについて熱い講義が展開されました。

report20130128-005
その後は一次審査の結果が発表され、一次審査を突破した5チームには試作品製作のための部材が提供されて、2日目の実際の試作品製作へ進んでいきます。

イベント2日目

2日目は本格的に試作品の制作が進んでいきます。作業はチーム内で分担され、ハードウェア技術者はArduinoへのコードの書き込みや各種パーツの組立を、ソフトウェア技術者は機器を動かすためのアプリケーションとサーバーサイドでの制御を、デザイナーは外装や全体デザインを、それ以外の参加者は審査発表の準備をといった形でそれぞれの強みを活かして作業を進めていきました。

report20130128-006
試作品制作のサポートはプレン・プロジェクト・コミッティの赤澤夏郎さんと早石直広さんが主に講師としてサポートしました。また、それ以外にも当日の会場には有志の技術ボランティアもサポートに訪れ、各チームのサポートにあたっていました。

^report20130128-007

report20130128-008

最終審査・審査結果

最終審査には、次の5つのような試作品が出揃いました。

仕事が忙しい子育て世代のためのホーム・プラネタリウム
report20130128-009

感覚的なインターフェースを用いてパートナーとの喧嘩を防止するコミュニケーション機器
report20130128-010

遠隔地で暮らす祖父母と孫のシンプルなコミュニケーションを可能とする仏壇の「鈴」をベースとした機器
report20130128-011

離れて暮らす母娘に自然なコミュニケーションを促す冷蔵庫チェック用たまご型Webカメラ
report20130128-012

旅行先の写真をその場でポストカード化するプリンター機器
report20130128-013

そして、審査委員同士でも激論となった最終審査の結果優勝したのは、ホーム・プラネタリウムを考案したチーム「独りじゃない」でした。この製品は、実在する子育て中の女性が持つ「パートナーにも子育てに参加してほしい」という悩みに対して、それを解決するものとして考え出されたものでした。

report20130128-014
イベント終了後もFacebookなどで参加者同士の交流が続いており、中にはイベント終了後も継続して製品の開発を進めるチームが現れるなど、その後も盛り上がりを見せています。

大阪市のグローバルイノベーション創出支援事業では、今後も今回のような「新しいものづくり」の領域でのイノベーションを支援するべく、イベントの開催など様々な事業を展開していきます。

是非今後も大阪市の取り組みにご注目ください。

report20130128-015

リンク集

<公式ページ>
Global Innovation Osaka 公式Webサイト
http://www.innovation-osaka.jp/

Global Innovation Osaka 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/InnovationOsaka

<参加者の方々等による感想、ブログ記事>
ハッカソン参加 – ドーグデザイン Blog
http://doogdesign.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

Arduinoを使った開発イベント「ものアプリハッカソン」に参加してきました FACTORY70 BLOG
http://blog.factory70.com/diary/mono-appli-hackathon-1
http://blog.factory70.com/diary/mono-appli-hackathon-2

大阪市主催の『ものアプリハッカソン』は実際どうだったか?参加者の声まとめ – 海外Arduino情報
http://arduino-japan.com/article/87

ものアプリハッカソンに参加して – The things we like.
http://d.hatena.ne.jp/yonesaka/20130127

「ものアプリハッカソン」というイベントに参加してきました – shutdown -r now
http://d.hatena.ne.jp/forest1040/20130131/1359622531

破壊と創造のサイクルを回せ!<アイデア出し編> ものアプリハッカソン(1) – 組み込みネット
http://www.kumikomi.net/archives/2013/02/rp03hack.php

<各種公式ページ>
Arduino – 公式Webサイト
http://www.arduino.cc/

IDEO – A Design and Innovation Consulting Firm
http://www.ideo.com/

d.school – Institute of Design at Stanford
http://dschool.stanford.edu/

GOB Laboratory
http://gob-lab.com/

Cerevo – Home
http://www.cerevo.com/ja/index.html

( 13年01月28日 )
PAGE TOP