Event Reports

Get in The Ring Osaka 2016

( 17年03月10日 )

世界へ挑戦する起業家が集結

2016年12月オランダのスタートアップピッチイベント、Get in the ring Osaka 2016がOIHで開催されました。ピッチも司会も全て英語で行われ、オランダからの審査員を招き入れるなど、グローバルに繰り広げられました。
現在、世界100ヶ国で開催されているGet in the ring。1人語りのピッチではなく、2名の登壇者がリング上で、レフリーに扮したMCに導かれながら、交互にテンポよく事業プレゼンバトルを行うものです。各ラウンドにテーマが設定されており、明確に価値を伝えやすいことがこのピッチイベントのポイントとなっています。また、エントリーをするのみでもオランダ事務局のデータベースに登録されることで、海外でのビジネスマッチングの可能性を広げることが出来ます。
 

グローバルなピッチイベントへの出場メリット

OIHでは、世界展開を目指すスタートアップ支援の為にもこのような世界に直結するピッチイベントを開催しています。日本では中々スケールがし難いサービスでも、市場の目線を海外へずらしたり、海外での顧客開拓や事業展開の入口を増やしたりする意味でもこうしたグローバルピッチに出ることはメリットになるといえます。また、他国の起業家や投資家との交流により事業に足りなかったものの気づきや、それを補う為のチャネルを築きあげていく機会の場となります。

登壇企業のご紹介

今回最終選考に残り、リング上でピッチバトルを繰り広げた企業は6社。ヘルスケアからトラベルテックなど、今話題のIT系の企業にご登壇頂きました!
Nextremer…AIテクノロジーを活用し、人とAIの対話を軸に、幅広いアプローチでサービスの研究開発
ATR creative…「ちずぶらり」など情報技術サービス及び製品の企画・開発運営
Samepage…ウェブ開発、ポータルサイト運営、アウトソーシング受託。株式会社セームページのオフショア開発グループ
スプライザ…残像動画技術を活用し、アマチュアスポーツマンのスキル向上を支援するアプリ開発事業
Gochiso…飲食店での食事やイベントを通しNPOの寄付金集めに貢献出来るソーシャルダイニングのプラットフォーム開発事業
triple W…排泄の悩みや負担を軽減するソリューション『DFree』企画・開発・販売事業

ピッチバトルで白熱したOIH!

今回はとてもエンターテイメント性が高く、音楽やMC等による演出でOIHの雰囲気が一変するようなイベントとなりました。登壇者は、プレゼンのスライドもなく、ライバルを目の前にして短時間でプレゼンをする物だった事もあり、単調な話し方でなく「想いの深さ」が言葉でより表現されたものでした。1対1のピッチバトルというと、一見勝ち負けを競うことのようですが、「起業家同士がお互いのビジネスを尊重し、想いに共感し、交流を深め切磋琢磨できる場」という本質が、今回のイベントでは強く感じられるものになりました。今後もこうした起業家の交流の場となり、熱量が向上される場となるイベントが繰り広げられることを、乞うご期待くださいませ!


*Youtube動画

文・峰松裕子、井上朝子

( 17年03月10日 )
PAGE TOP