Magazine【マガジン】

「IoT製造部(仮)活動日誌」とは。

( 16年05月25日 ) 「IoT製造部(仮)活動日誌」とは。

※OIH情報発信担当者 より

今後、あらゆるサービスがつながり、スマート化されていきます。そのなかで中心的なコンセプトが、IoTです。IoTサービスはデバイスの開発が必要となりますが、現在、その開発を担いつつあるのが、MAKERS的なものづくりです。
ITが情報の民主化を一気に推し進めたように、ITによって世界のものづくりコミュニティがつながり、ものづくりが民主化されました。これにより、莫大なコストを自社で抱えることなくプロトタイプが作れるようになってきているのです。

でも、そのプロトタイプを作り込み、精度を高めていくうえでは、金属加工から電子制御、組込み技術まで、さまざま要素技術のプロの技術、匠の技が求められます。

そう、そこでは、大阪の強みである“ものづくり”が力を発揮するはず!なのです。でも、こうしたIoTの流れが製造業の方にしっかりと届いていないという現実があります。

これはマズイ!というわけで、OIH内に立ち上がった取り組みが「IoT製造部(仮)」です。何をするか?いい質問ですね。ミッションは明快です。製造業に携わる皆様に「IoT情報」を届け、一緒にIoTについて考えていきたいと考えています。

( 16年05月25日 )
PAGE TOP