Magazine【マガジン】

IoTプロダクト&サービス開発プログラム「GEIOT」をご存知ですか?IoT製造部(仮)活動日誌 第2回

( 16年07月05日 )

「IoT製造部(仮)活動日誌」とは。

大阪イノベーションハブの自主部活「IoT製造部(仮)」による活動記録(Facebookページはこちら)。ものづくり、製造に携わるみなさまに「情報がとどくといいなぁ」と思いながら、時に体当たりしながら「考えるな、感じろ」をモットーに雑多に情報収集、発信していきます。話題があっちにいったりこっちにいったりすると思いますが、ご一緒にあれこれ考えていただけますと幸いです。筆者のIoT知識レベルはこちら

今回は、IoTプロダクト開発プログラム「GEIOT」の活動状況を拝見してまいりましたので、その情報を共有&イベントのご案内をいたします。

GEIOT、「ガイオット」と読みます。最初、読み方がわかりませんでした。

【GEIOTとは】
「モノのインターネット」分野でのグローバルアントレプレナー育成プログラムオフィシャルサイトhttp://geiot.jp/より

GEIOTは、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の学生さんを中心に、社会人も交えながら最終的なプロダクトアウト、事業化まで目指すプロジェクトです。2016年度は5月から毎週土曜日、大阪イノベーションハブで実施しております。

実施しているプログラムの内容や活動については、プログラムのスケジュールページとFacebookページをご覧いただくと、わかりやすいと思います。参加者の多くは普段研究をしている学生さんなので、なかなかハードスケジュール。そんな中、みなさん真剣に取り組んでいます。

日本のIoTプロダクトも世界に羽ばたいてほしい!という願いを込めつつ、これまでGEIOTから生まれてきたプロジェクトについてご紹介します。

世界初のベルト型ウェアラブルデバイス『おなかのげんじつ』(WAISTON Chobit Healthcare)

こちらのプロダクト『おなかのげんじつ』は、メディアにもたくさん取り上げられております。

詳しくはオフィシャルサイトにてhttp://waiston.ch/

IoTで将来健康的な歯を!採点歯ブラシ『Brusheen』

こちらの採点歯ブラシ『Brusheen』のプロジェクトは終了していますが、いまの歯ブラシIoTムーブメントをみると時代の流れを掴んだプロダクトであることがよくわかります。

Iotbrush from yuki yasukuni

本年度も、輝ける商品誕生なるか?

7月30日に本年度のプロダクトの発表会があります。ふるってご参加ください!

2016年7月30日(土)12:00〜19:00 会場:大阪イノベーションハブ

プログラム(2016年7月4日現在)

※内容は変更となる場合がございます。お申し込みの際には、オフィシャルサイトをご確認ください。(http://geiot.jp/

  • ポスタ・プロトタイピングの展示
  • 特別講演文科省文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長補佐 渡邉 陽平 氏
  • 合計9チームによるビジネスプレゼン
  • 招待講演(調整中)代表取締役 岩井陽介 氏
  • 審査発表
  • 交流会(会費1,000円)

お申し込みはこちら

文・佐藤 麻耶

( 16年07月05日 )
PAGE TOP