OHC People【起業家紹介】

【depago】あなたの身体がお財布に-カードレス決済サービス

( 15年02月19日 ) ohcnet_msquare1

亟々美和 氏
  • 生体情報(静脈)認証を行うことでカードやデバイス無しに決済ができるというサービスです。リテーラーに認証端末を導入してもらい、事前登録によって一般顧客がカード情報などを提示することなくお買い物できます。
  • 市場ニーズについて。
  • 現在、複数枚のクレジットカードのみならず、複数枚のICカードも持ち歩いている人が多いと思いますが、そういったものを利用せずに決済できるので、お財布をスリムに、もしくは持ち歩かなくても良いという利点がありますし、持ち歩かないので盗まれる心配もなくなります。
  • 市場での「強み」について。
  • 生体情報は個人情報の究極の形だと思います。極端にいうと、亡くなった後には利用できません。その利点を生かすことで、個人認証の確度を上げるだけでなく、なりすましやマネーロンダリングの防止にも一役買うことができるはずです。
  • 事業立ち上げの経緯を教えてください。
  • 数年前にパリ市内で就職活動をしていた時期がありました。手元に持っていたPASMOが使えるわけもなく、毎回切符を買わなければならないことに大変不便を感じました。通っていた大学院で日本のEDYカードのビジネスケースを取り上げられたこともありますが、名前の由来どおりに、ユーロ・ドル・円のどの通貨圏でも使えるICカードではないことに違和感があったこと、パリでの体験も含め、もっと通貨の垣根を下げた決済サービスがあればいいのにと思ったのがきっかけです。最終的にはカードも要らないのではと考え、身体一つで買い物できる、カードレス決済に行きつきました。
  • ビジネスで大切にしていること。
  • 信用と事業の透明性です。金融に係るビジネスはどんな分野であれ信用と透明性が求められると思います。残念ながら世の中には、エンドユーザーがきちんと守られていないビジネスもあり、その結果、規制の強化などにつながってしまうことが一番悲しいことです。自身のビジネスを円滑に進める上で、これらのことはとても大切なことだと思います。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • サービスがきちんと複数国で稼働している状態を目指したいです。
  • ohcnet_msquare1

    ( 15年02月19日 )
    PAGE TOP