OHC People【起業家紹介】

【「PRIMODE」「Stylee Times」】クリエイターと社会をつなぐ 架け橋

( 15年02月20日 ) ohcnet_sorairo1

中嶋 洋巳 氏
  • 中嶋 洋巳 氏
  • 株式会社空色 代表
  • ①コーディネート提案型Eコマース「PRIMODE」②専門学生向けフリーペーパー事業「Stylee Times」
  • http://solairo.co.jp/
  • ①PRIMODE
    「PRIMODE」では、ファッション感度の高い人から、コーディネートに悩みを抱える人までをターゲットとし、1対1のチャットスタイルで、プロのスタイリストがユーザーの好みに沿っておすすめのコーディネートを提案します。ユーザーは気に入ったコーディネートを購入できます。

    ②Stylee Times
    「Stylee Times」はファッション、アート、ビューティー関係の専門学校を中心として学生向けに発行するフリーペーパーです。才能と夢に溢れる学生を応援するべく、現場体験やコンテストなどの企画を行っています。

  • 市場ニーズについて。
  • ①PRIMODE
    「流行りのアイテムを着たいけど、コーディネートの仕方がわからない」
    「お気に入りのアイテムを、さらにお洒落に着こなしたい」
    「オフィスに着て行く服がマンネリ化していて、何とかしたい」といったユーザーの悩みに対してスタイリストがコーディネートを提案し購入して頂くサービスとなっています。

    ②Stylee Times
    「才能を磨く機会に恵まれない専門学校・大学に通う学生」と「才能溢れる人財を探している企業」をマッチングすることで、学生の夢をかなえる支援を行っています。

  • 市場での「強み」について。
  • ①PRIMODE
    「PRIMODE」では、チャットを用いてリアルタイムなコミュニケーションを行いながら、スタイリストがコーディネート提案してくれる点に強みがあると考えています。
    コミュニケーションを取ることでユーザーとスタイリストに信頼関係が生まれ、継続的な購入となり、最終的にはスタイリストがそのユーザーのパーソナルスタイリストとなることができます。
    ②Stylee Times
    隔月発行で3万部を発行しており、300校以上の専門学校等への配布を行っています。才能ある専門学生と学校が共同で企画等の取り組みを行えることが、最大の魅力となっています。

  • 事業立ち上げの経緯を教えてください。
  • PRIMODEの構想を得たのは、前職のNTTで働いていた4年前にさかのぼります。オンラインクローゼット系のサービスが色々登場する中で、NTTでも同様のサービスを立ち上げていました。その時の経験から、スタイリストの才能を活かすことを重視し、購買まで一貫して提供するサービスを思いつきました。
  • ビジネスで大切にしていること。
  • 「PRIMODE」では、スタイリストを始めとした、まだ世の中に届いていない価値(コーディネート提案力)を持つ個人に対して、その価値を発揮出来る場を提供させて頂いています。今後も、まだ認知されていない人の持つ価値を大切にし、Eコマースにコミュニケーションを加えることで、独自のセンスを持つ人がウェブ上で活躍できる場所を構築してまいります。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • 現在は、PRIMODEのアプリケーションリリース、海外展開に向けた準備とともに、ファッションに加えて、ライフスタイルの提案が出来る準備を進めています。将来的には、スタイリスト、インテリアコーディネーターなど、衣食住に関わるノウハウを広くユーザーに届けることで、日々の暮らしに心地いい刺激を与えるライフスタイルコンシェルジュサービスを目指しています。
  • ohcnet_sorairo1

    ( 15年02月20日 )
    PAGE TOP