OHC People【起業家紹介】

【Canvas Coffee】おいしい!のキャンバスを描き人生最高のコーヒーをお届け

( 15年04月09日 ) can-540

八木 俊匡 氏
  • 八木 俊匡 氏
  • 株式会社SEED TO CUP 代表取締役
  • Canvas Coffee (キャンバスコーヒー)
  • http://canvas-coffee.com/
  • 【Make your Coffee,Draw your Canvas】顧客自らの「おいしい!」をキャンバスに記録していくことで嗜好の最適化を計り、ベストなコーヒーをお届けするコーヒー通販サービスです。具体的な開発は顧客の属性のセグメント、嗜好の指標化、抽出方法や食材としての生産背景、プロセスのコンテンツ提供などを開発しています。
  • 市場ニーズについて。
  • バリスタとしてコーヒーに携わる中で常に疑問に感じていた「美味しさの不透明性」を可視化したいと感じていました。コーヒーは誰もが日常的に飲んでいる嗜好品であり、WANTsは「美味しさ」だとしても、いざ美味しさの実態となると見た目で商品を選べない、オーダーの仕方がわからない、飲んだら美味しくない、飲んでも継続できないとわからないことだらけです。
    美味しさは飲んでみなければわからない、なら飲んで好みを見つけよう!ということで産まれたサービスがCanvas Coffeeです。

  • 市場での「強み」について。
  • コーヒー×ITです。世界でも極めて流通量の少ない最高品質のコーヒー豆を独自ルートで仕入れ焙煎、抽出までの一貫した高い技術力で品質を担保できること。そこにIT中心としたテクノロジーを組み合わせることで独自戦略が可能だと思っています
  • 事業立ち上げの経緯を教えてください。
  • ニーズでも書きましたが、バリスタとして10年以上コーヒー業界に携わるなかで常に感じてきたお客様の潜在的課題である「コーヒーの不透明性」。これを解決するためのアイデアやプロジェクトの失敗を経て知ったスタートアップの立ち上げ方法に凄く納得しました。コーヒーの専門知識を深堀りしたものにITを組み合わせることで新しい価値の可能性があると感じて仮説検証を繰り返し、今に至っています
  • ビジネスで大切にしていること。
  • 他の誰かじゃなく自分にしかできないことは何なのか?
    お客様(ユーザー)とは具体的にどこのどんな人なのか?
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • 世界中をぷらぷらしていたいです(笑)。もちろんビジネスですよ。
    from SEED to CUPコーヒーの生産背景から最終の飲み手までが双方向に繋がるエコシステムを構築します。その先にはコーヒーが一般消費者にとって野菜や果物と同じ扱いになっているはずですし、そのために全力疾走中です

  • B_540

    ( 15年04月09日 )
    PAGE TOP