OHC People【起業家紹介】

【ロボットアート事業】RT(ロボットテクノロジー)で笑顔に

( 15年04月09日 )

長谷川 尚哉 氏

  • 長谷川 尚哉 氏
  • 長谷川技術開発 代表
  • ロボットアート事業
  • http://hase-td.com
  • センサ入力・組み込みマイコンなどモータ制御・LED制御などの技術で、産業用・研究開発用の試作機からエンターテイメントにシフト。人を喜ばせるロボットの開発に着手。
    現在はシャボン玉ロボットの事業化に注力。シャボン玉ロボットは、シャボン玉を全方向に射出可能で、フルカラーLEDで好きな色を投光してシャボン玉に色をつけることができます。結婚披露宴や誕生日会、オープニングセレモニーなど店頭において集客のに貢献したい。

  • 市場ニーズについて。
  • 披露宴でのバブルシャワー(夜でもLEDで綺麗な光で色付けするので綺麗に演出します)や誕生日会への貸出など。また、商業施設や店舗などでのオープニングセールでの販促にも活用でき、子供はシャボン玉が好きなので滞在時間増が増えるなど、集客・売上に繋がるのではと考えています。
  • 市場での「強み」について。
  • シャボン玉のみならず、リモートコントロール(シャボン玉ロボットの場合はAndroidタブレットによる操作)でモータの角度制御、LEDの色合い・光量の制御ができるので、イベントの仕掛けの開発ができます。
  • 事業立ち上げの経緯を教えてください。
  • 産業用・研究開発用の試作機の開発に従事。機械・回路・プログラム・システム制御の4分野からアプローチできるので、短期間で検討できる。エンターテイメント系の開発の受注をきっかけに、試作分野から目に触れるもの、いわゆるロボットで人を楽しませることができることがわかったので、光る・動く・コントロールできるRTエンターテイメントの開発に着手。
  • ビジネスで大切にしていること。
  • Win-Win。片方だけ成功しても長続きしないので、お互いが成功しつつ長続きしながらステップアップしていきたい。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • メーカーを知らないで、手に取ったら「こんなことするの長谷川だよね」と言われるようなものを作って行きたい
  • boosters

    ( 15年04月09日 )
    PAGE TOP