OHC People【起業家紹介】

【ママントレ】ウェブデザイナーが「エリアマイスター」という新しい働き方を提案

( 15年12月11日 )

須澤 美佳 氏

  • 正社員やパートだけではない、「働き方にはもっといろいろあっていい」という想いから、「エリアマイスター」という新しいワークスタイルを提案・実践している。
  • 事業立ち上げの経緯について教えてください。
  • 私の住む阪神間のママ友は、スキルが高く就業意欲も高いのにもかかわらず、待機児童などの問題から 、仕事をすることを諦めている状況でした。彼女達の話を聞いていて、ずっと「もったいない」と感じていたのが最初のきっかけですね。

    私自身はかつてSEとして働いていて、その後はフリーのウェブデザイナーをしています。そしてある日、街で見かけた芦屋女性起業塾に参加したのですが、幅広い年齢の方がいろいろな形態で働いているのを目の当たりにして衝撃を受けたんです。「こんなに自由な働き方があるということをもっとたくさんの人に知ってもらいたい」そんな想いから、ママ起業家応援サイト「ママントレ」を立ち上げました。

    その後、いきなり起業するのはハードルが高い、という声に応えて立ち上げたのが「エリアマイスター」です。同サイトで前述のママと、スポット的なお手伝いや企画・提案など、従来とは異なる働き方を求める企業をITを通してマッチングさせ、必要な時に必要なだけ助け合える新しいワークスタイルです。直接会って働くことが前提なので、エリアは大阪~神戸の阪神間に限定しています。企業とワーカー双方向のコミュニケーションが成立するのもポイントですね。

  • 今後の展望について教えてください。
  • 現在は約120人まで登録者数を伸ばすことができました。本業が忙しくネットを更新できない企業に、ブログ発信が得意なママが配信を代行したり、企業の要請を受けて、写真家やデザイナーのママ8人が集まって商品開発を手がけるなど、実績も残せるようになってきました。
    今後は登録者数だけでなく、エリアマイスターをもっとスタンダードなものにするために、お仕事の案件数やモデルケースを増やしていきたいと考えています。
  • mamantore
    mamantore

    ( 15年12月11日 )
    PAGE TOP