OHC People【起業家紹介】

【cataso(カタソ)】元新聞記者がメディアを駆使し、新しい戦い方で中小メーカーの新時代を拓く

( 15年12月15日 )

竹内 香予子 氏

  • 竹内 香予子 氏
  • 平安伸銅工業株式会社 代表取締役
  • http://cataso.jp/
  • ウェブメディア「cataso(カタソ)」を運営。「お片づけ」という、ニッチながら長年人々を悩ませているテーマに目をつけ、収納のプロによるコツやアイデアをコンテンツとして発信している。
  • 事業立ち上げの経緯について教えてください。
  • メディアに携わりたくて、最初は新聞記者をしていたんです。数年の記者時代を経て退職し、その後は家業を継ぐことになりました。私が3代目として働いている平安伸銅工業株式会は、「つっぱり棒」「つっぱり棚」を製造しており、おかげさまで市場ではトップになっています。

    しかし、このアイテムがメジャーになるにつれて、価格競争は激化する一方でした。そこで資本力のない中小企業でも勝てる、これからの時代に合う戦い方を考えた結果立ち上げたのが、お片付け専門情報サイト「cataso(カタソ)」です。現在約50人のお片付けのプロと一緒に、オリジナルの記事やイベント情報、専門家のプロフィールなどの情報を発信しています。自治体や企業とタイアップしたお片付けイベントも行っています。新聞記者としてメディアに携わっていた経験が、こんな形で活かされるとは思ってもみませんでしたね(笑)。

  • 今後の展望について教えてください。
  • 本サイトで記事を書いている片付けのプロと、企業、消費者を結びつけるプラットフォーム化をめざしています。生活に根差した暮らしのアイデアから、片付けの悩みを解決できるマーケットインの商品やサービスを続々と提供することが目標です。収納製品メーカー「平安伸銅工業」が持つハードと、情報提供サイト「cataso」が持つソフトを融合させ、その相乗効果により社会貢献できたらいいですね。
    またこのプロ達の知名度を上げて、直接的・間接的に仕事場を作るサポートをすることで、企業に所属する以外の女性が働く場も提供していきたいと考えています。
  • kataso_540x314a

    ( 15年12月15日 )
    PAGE TOP