OHC People【起業家紹介】

【Aroma Shooter】香りの時空間制御技術で感性豊かな香り情報通信を実現

( 15年12月16日 )

金 東煜(キム ドンウク) 氏

  • 金 東煜(キム ドンウク) 氏
  • 株式会社アロマジョイン 代表取締役
  • 「Aroma Shooter」の開発・販売
  • http://aromajoin.com/
  • 製品・サービス概要について教えてください。
  • 香りの時空間制御技術を基に、世界初の香りの瞬間切り替えが可能な指向性香り噴射装置「Aroma Shooter」の開発・販売を行っております。
    「Aroma Shooter」は同時に最大6種類の香りをお好みのタイミングで楽しむことができ、6つのアロマカートリッジの装填・調合(ブレンド)噴射も可能。映像や音響の変化に合わせて、香りを瞬間的に切り替えていただけます。
  • キャリアについて教えてください。
  • 子供の頃、母親が「いつかテレビから香りも出る時代が来るかも」と言ったのがきっかけで、大学院(JAIST)及び研究所(NICT)において、10年間にわたり嗅覚ディスプレイの研究に従事してきました。そして、香りの出るテレビが出現するのを待つのではなく、自ら実用化し、積極的に広めていくことで「香りで世界を変える!」という想いで、2012年10月、ビジネスをスタートさせました。
  • ビジネスで大切にしていることと、その理由を教えてください。
  • 「雨だれ石を穿つ!」です。事業経営をはじめ、研究開発や人間関係に至るまで、どんな些細なことでも、根気強く続けていくことが大事だと思っております。特にビジネスは、業を続けることこそ、意味を成すと思っております。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • Aroma Shooterの研究開発・販売のみならず、香り情報通信の総合プラットフォーム事業者として、そして、嗅覚メディアの先駆者として、事業ドメインを確立したいと思っております。
  • ( 15年12月16日 )
    PAGE TOP