OHC People【起業家紹介】

【Japaney/OneWedding】社内起業への挑戦。大企業にこそイノベーションを!

( 16年01月27日 ) motiduki708a

望月 裕貴 氏
  • 望月 裕貴 氏
  • NTT西日本 (ITベンチャー支援プログラム「EXIT」修了生)
  • ・旅行者と観光地を結ぶWEBマッチングサービス「Japaney」の開発。
    ・冠婚葬祭におけるWEBマッチングサービス「One Wedding」の開発。
  • 製品・サービス概要について教えてください。
  • Japaneyは旅行者向け、One Weddingは冠婚葬祭を行う人向けのサービスです。全く違うビジネスのようですが、共通テーマは、既存商品の提案ではなく、ユーザーの嗜好をいかに聞き取り、適切な選択肢を提案するかです。故に、ターゲットは「皆と同じは嫌だけど、こだわりきるほど時間もない忙しい現代人」ですね。
    事業間のシナジー効果も期待できるため社内で提案中ですが、並行して自主的にβ版を作成し、無料展開を実施して、このサービスの価値を世に問うている途中です。
  • キャリアについて教えてください。
  • 大学在学中、MBA学生とのITベンチャー起業参画を契機に、新しい文化を拡める面白さを知りました。当時は友人のイベントプロデュース会社のCEOを務め、テレビ局の就職も決まっていたのですが、ゼミで訪れたシリコンバレーでのとある経験から、「技術をプロデュースしたい」と考え、NTT西日本に就職しました。現在は、本社の新事業系部署にて、アプリやハードの製作やハッカソンの運営等、新事業を別の会社様と共創していく事業に携わっています。
  • ビジネスで大切にしていることと、その理由を教えてください。
  • 「熱量=想いの強さ」が最も大切だと考えています。問題が起こったとき、その根本的な原因はたいていの場合、「人・モノ・金・技術」等ですよね。ですがそれらの問題は、技術がある人を雇ったり、投資家に出資してもらったりと、解決するためのHow論を見つけられればどうにかなる。つまりどんな問題が起きても、当事者の「熱量」さえあれば、それに対する「How」は必ず見つかるだろうし、結果的に解決できることが多いと思うのです。しかし、より大きな目標に向かうためには当然、その熱を周囲に伝染させていかなければならないので、正当な動機によるものであることが前提ですが(笑)
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • 「技術をプロデュースしたい。」その想いで入社したNTTには、研究所も含めワクワクする技術が多く眠っていました。このような大企業や国が持っている活用できていないリソース(技術や特許、モノ等)と、それを活用し得るアイディアや技術を持つプレイヤーとの協働・共創を実現させて、関西を、日本を活気づけたいと思っています。
    そのためにはまず、きっかけ作りや企画の創出をしていかなければなりませんが、大企業や大組織の力学を理解して、最短距離での実現をめざしたいと考えています!
  • ( 16年01月27日 )
    PAGE TOP