OHC People【起業家紹介】

【Smart Finder】あらゆる人とモノの位置を見える化する

( 16年02月08日 ) kitanouma001

北之馬 貴正 氏
  • 製品・サービス概要について教えてください。
  • どこでも、誰でも、低コストで、屋内の人とモノの位置を見える化する、IoT共通基盤技術”Smart Finder(仮)”を開発しています。
    IoTを活用する上で、屋内にいる人とモノの位置情報というのは、非常に重要です。しかし、既存のiBeaconやIMES等の屋内測位技術は、相当数の測位設備配置を必要とし、経済性、柔軟性、拡張性に著しく欠けることが課題。
    そこで我々は、測位設備不要の自律型屋内測位技術であるSmart Finderでこの問題を解決し、あらゆる人とモノの位置情報を提供する、IoTコアビジネスを展開しようと考えています。

  • キャリアについて教えてください。
  • 関西大学大学院で研究開発を行っている、脳神経ネットワークの働きを応用した位置推定技術の事業化を行い、研究シーズから市場ニーズへダイレクトにアプローチしています。現在は研究活動に加え、展示会(CEATEC、SEMICON)やビジネスピッチ(NEDO-TCP、未来2016)等で研究成果を周知し、ビジネスコネクションを積極的に広げているところですね。技術は使われてこそ輝くという考えのもと、研究成果を社会全体に還元し、新たな市場を創発することを目ざしています!
  • ビジネスで大切にしていることと、その理由を教えてください。
  • パイを奪い合うビジネスではなく、パイの核となるビジネスを行うことです。大学の研究者であることの強みである自由な研究環境・リソースを最大限に生かし、既存企業にはないビジネスを創り出すことが我々大学発ベンチャーの使命だと考えています。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • 大学発ベンチャーならではの産学連携によって、Smart Finderを用いたIoT位置情報プラットフォームを構築し、社会IoT化のさらなる技術革新を起こしていたいです。また、そのSmart FinderによるIoT位置情報プラットフォームによりビジネスコネクションを広げ、新たな研究開発技術を産業に繋げたいと考えています。
  • ( 16年02月08日 )
    PAGE TOP