OHC People【起業家紹介】

【ZenFotomatic】独自の画像解析技術で世界をもっとクリエイティブに。

( 16年03月03日 ) 1

三浦 大助 氏
  • 製品・サービス概要について教えてください。
  • ECで商品を販売するためには、商品画像の掲載が必須です。しかし、撮影後に美しい商品画像へと加工する作業は、1枚1枚、人が目視しながら既存のソフトを使用するという、非効率かつ大きな負担を伴うものでした。
    そんなEC業界の課題を何とかしたいと思い、開発したのが「ZenFotomatic」というソフトです。ZenFotomaticには、弊社独自の画像解析技術を搭載。この技術が、多くの細かな加工作業の自動一括処理を可能にし、大量の商品写真を素早くEC用の画像に仕上げてくれるのです。

  • キャリアについて教えてください。
  • 学生時代は、バンド活動の傍らヤマハギターの講師として活動していました。大学卒業後は、アパレル商社に入社し、SEとして、社内や店舗のシステム構築に携わっていました。
    そして2010年、ファッション商材ECを運営するグラムス株式会社を設立。自社の業務効率化システムを多数開発する中で、現バンドメンバーでもあるBlain HosfordをCTOとして招聘しZenFotomaticの開発を開始、2013年にローンチしました。

  • ビジネスで大切にしていることと、その理由を教えてください。
  • お客様は私達と同様、日々懸命に仕事に取り組み、苦労して得た利益を弊社のサービスに使ってくださっています。弊社が得ている売上は単純な仕事の対価ではなく、感謝の対価としていただいているのだと、日々ありがたく実感しています。だからこそ、私達は自らの生活を維持させていただきながらも、お客様への還元のためのサービス向上に投資もできていると思っています。このような感謝の循環により、今があることを忘れないよう心がけています。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • お客様の数や市場、求められるソリューションやサービスは、当然時の流れと共に変わることもあるかも知れませんが、変わらずご贔屓にしていただける方に本当の意味でお役に立ち、感謝される自分達でありたいと思います。

  • ( 16年03月03日 )
    PAGE TOP