OHC People【起業家紹介】

【Eau light2】震災・災害時に水でご使用いただける防災ライトです。

( 16年03月07日 )

内田 才子 氏

  • 内田 才子 氏
  • 株式会社TERASU Lab(テラスラボ) 代表取締役
  • マグネシウム電池ライト「Eau light2(オーライト2)」の開発・販売 。
  • http://www.terasu-lab.jp
  • 製品・サービス概要について教えてください。
  • Eau light2(オーライト2)は軽量・コンパクトな上に、水という「液体」でご使用いただける防災ライトです。震災・災害時に突然の停電が起こっても、誰でも安心・安全にご使用いただけます。
    ライトで使用しているマグネシウム電池は、『太陽エネルギーを最大限利用する社会を目ざした、近未来型電池』。弊社のマグネシウムプロダクトは今後、「Ever active selection」としてシリーズ化し、製品開発を進めていく予定です。
    そして、シリーズ化最初の製品が、フランス語で”水”という意味を持つ”Eau(オー)”からネーミングした、この『Eau light2』なのです。
    またTERASU Lab社では主に、災害時非常用としてこのEau light2を、電力会社や郵便局(カタログ通販用)、防災用品の会社などへ販売してまいりましたが、その営業活動を通じて、本商品の、給水によって発電を開始できるという不思議さにエンターテインメント性を見出すお客様も多いことが分かってきました。そこでこれからは、現行のEau light2の技術を引き継ぎながら、デザイン性も加味した、TERASU Lab社のオリジナル企画製品も開発したいと考えています。

  • キャリアについて教えてください。
  • 夙川短期大学家政科卒業後、大阪大学レーザー核融合センターに就職し、結婚。同時期にアメリカ・ニューヨーク州、ロチェスターに5年半在住、その間、ロチェスターインスティチュートオブテクノロジー大学でインテリアデザインを修得しました。また、コダックのフォトモデルや、日本人ファッションデザイナーのモデルを経験。趣味として油絵やステンシル、料理教室にも通っていましたね。
    帰国後は、生花アレンジ・テーブルコーディネートの教室に通いました。生花アレンジは研究科を修得(日本作家協会)し、大阪ドーム(現京セラドーム)でのテーブルコーディネートフェアコンテストで3度入選(イタリアンテーブル・和テーブルの2種)した他、未生流(才甫の名)、裏千家の免許も取りました。
    また、”Face to Face”への所属(イベントのサポート、受付、会場案内、司会進行、ナレーション、影アナウンス)を経て、コーラス(ソプラノ)、朗読なども習得。J-COM宝塚局でマーケティングアシスタントとして勤務後は、ハニービー輸入家具雑貨店で店長を務めました。その後、現在の子供支援に繋がるきっかけになった、NPO法人で副理事長職を6年間経験。自立支援を目的とした飲食店開業後、一般社団法人ユーキッズを平成26年4月に、また株式会社TERASU Labを平成26年12月に設立し、現在に至ります。

  • ビジネスで大切にしていることと、その理由を教えてください。
  • 「共に生きる」ということです。人と人との繋がりの大切さを実感し、自ら受けたサポートを、次世代につなげられる社会人になるための自立支援活動を目ざしています。子供達も大人達も成長・自立できる環境をつくり、また子供達を見守ることで「共に生きる」社会を築いていきたいと考えています。
  • 3年後、どのようになっていたいですか?
  • 国内外のマグネシウム電池の認知度アップと普及をめざしたいですね。また同時に、IPOに向けての取り組みや自社工場の設立計画も進めていきたいです。
  • ( 16年03月07日 )
    PAGE TOP