News【OIHのトピックス】

吉村市長からOIHの取組みが紹介されました

( 17年05月17日 )

梅田にオープンした大工大の新キャンパス

梅田にオープンした大工大の新キャンパスhttps://www.oit.ac.jp/rd/umeda/

吉村大阪市長から大阪イノベーションハブの役割や意義について紹介されました

吉村大阪市長から大阪イノベーションハブの役割や意義について紹介されました

吉村大阪市長がイノベーションの重要性とOIHの取り組みなどについて講演されました。
 
4月に開設した大阪工業大学梅田キャンパスにおいて、5月13日(土)に「ロボティクス&デザイン工学部開設記念シンポジウム」が開催され、吉村大阪市長が講演されました。
 
吉村市長からは、「少子化の時代には生産性向上など技術革新が不可欠であり、イノベーションを起こしていくための拠点として『大阪イノベーションハブ』を設置している」として、OIHの取組みや成果を紹介して頂きました。
 
また、「多様な文化を持ち、多様性を許容する土壌を持つ大阪・関西は、これまでも様々な革新的な製品・サービスを生み出してきた。これからも大阪・関西が個性を発揮して日本を牽引していくよう、大阪工大の新キャンパスから、大阪をひっぱっていく人材が輩出されることを大いに期待している」とエールを贈られました。
 

大阪工大の新キャンパスの誕生により、これまで以上に多様で有能な人材が集まり交流する梅田、うめきた地区において、OIHも大阪工大を始め関係機関との連携を深め、イノベーションエコシステムの充実に引き続き取り組んでいきます。
 

 

 

( 17年05月17日 )
PAGE TOP