OIHシードアクセラレーションプログラム

Mentor Supporters

専門家メンター

Sushi Suzuki

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

准教授
Associate Professor

Sushi Suzuki

Sushi Suzuki is a specially appointed associate professor at the Kyoto Institute of Technology and KYOTO Design Lab where he teaches and runs projects based around design thinking, the Stanford-IDEO innovation methodologies.
Previously, he co-founded Paris Est d.school while teaching design innovation at École des Ponts ParisTech and was the Executive Director of the ME310 program at Stanford University.
Sushi also set up an innovation team for Panasonic Europe, was one of the co-founding members of i-kimono.com, a Japanese start-up company that handles antique kimono and accessories online, and a concept developer for Yocondo, a Germany-based semantic product search engine.

Sushi was born in Kyoto, Japan but spent over fifteen years in the US and over five in Europe, and has traveled to over sixty countries.
He holds a M.S. in Mechanical Engineering from Stanford University and a B.S. in Mechanical Engineering and B.A. in Studio Arts from Rice University.

Artist by nature, Engineer by training, and Designer by desire, Sushi is always thinking of new ways to do the old things better.

京都に生まれながら、アメリカに15年以上、ヨーロッパに5年以上居住。
スタンフォード大学機械工学修士号、ライス大学機械工学士号およびスタジオアーツ文学士号を有する。
現在は、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任准教授として、スタンフォードやIDEOが掲げるイノベーション方法論である「デザインシンキング」をベースにした様々なプロジェクトを企画実施そして自らも教鞭をとる。
それ以前は、パリの École des Ponts ParisTech にてデ ザインイノベーションについて教えながら、Paris Est d.school を共同設立。
スタンフォード大学 ME310 ディレクターとしても活動していた。
また、パナソニック欧州研究所でイノベーションチームを立ち上げ、i-kimono.com というアンティーク着物・小物をネット販売する日本のスタートアップ企業の立ち上げメンバー、ドイツを拠点とするセマンティックプロダクトサーチエンジンである Yocondo のコンセプトデベロッパーでもある。

ページトップへ戻る