パネルディスカッション

パネリスト

  • Phillip Vincent氏

    Plug and Play Japan /Managing Partner & CEO

    シリコンバレーのPlug and Play Tech Centerの子会社であるPlug and Play Japanのマネージングパートナー兼CEO。東アジアを中心としたPlug and Playアジアの役員も務める。2014年にシリコンバレーのPlug and Playに入社、IoT部門とモビリティ部門を統括した後、2017年に単身で東京に移り、Plug and Play Japanを設立。東京・京都・大阪に拠点を置き、スタートアップと世界の大企業をつなぐ日本最大のイノベーションプラットフォームの創出に注力している。Plug and Playの前には、化学品やその他原材料に特化した日本の大手商社KISCOの米国子会社であるUniglobe Kiscoに勤め、日米間のビジネス開発を担当するアカウント・エグゼクティブを務めた。サンディエゴ州立大学卒業。人生の半分を日本で、残りの半分をアメリカで過ごす。
  • Joshua Flannery氏

    Rainmaking Innovation Japan LLC /CEO

    南半球最大のスタートアップ・ハブであるSydney Startup Hubのディレクターとして、また、アーリーステージの起業家に対し、各業界のメンター・パートナー・投資家の国際的なネットワークを提供するプログラム「Startupbootcamp」を展開する、世界的なベンチャー支援会社の日本法人であるRainmaking Innovation Japan LLCのCEOとして、20年のグローバル・ビジネス経験を有す。また、オーストラリア初の大学ベースのスタートアッププログラムの発起人でもあり、2012年にニューサウスウェールズ大学で開始されて以来、700社以上のスタートアップを支援。2005年には、海外の教育関連企業を日本に誘致し、大阪にStudyLink株式会社を設立。シドニーで生まれ育ち、現在は大阪に拠点を置く。スタートアップやスケールアップを米国、中国、オーストラリア、日本などの国際市場につなげるプログラムの設計および実行に豊富な経験をもつ。
  • 大出 歩美氏

    500 Startups /Japan Country Lead, Innovation & Partnerships

    世界で最も活発なシード投資を行うベンチャーキャピタルかつイノベーションネットワークである500 Startupsの日本責任者。日本における大企業のオープンイノベーション活動とスタートアップエコシステム構築の支援に従事。クラウドサービスを手掛けるスタートアップではCEOの右腕として、また、教育・キャリアコーチング系のスタートアップでは第一号社員として直接経営に携わった10年近くの経験から、強い起業家精神とスキルを身につける。コロンビア大学経営大学院(MBA)、コロンビア大学バーナードカレッジ卒業。

モデレーター

  • 中村 多伽氏

    株式会社taliki /代表取締役

    1995年東京生まれ。京都大学在学中にカンボジアで2校の学校を建設し、子どもたちの可能性を広げる活動を推進。ニューヨークのビジネススクールで学ぶ傍ら、ニュース局でアシスタントプロデューサーとして2016年の大統領選挙や国連の取材に携わる。さまざまな経験を経て、社会課題を解決するためのプレイヤー支援の必要性を感じ、株式会社talikiを設立。社会起業家の成長や、関西圏の大企業の新規事業開発をサポートし、2つのVCとスタートアップへの投資を行っている。

テーマ

京阪神のスタートアップエコシステムの魅力

イベント概要

関西企業と国内外のスタートアップとのオープンイノベーション推進に取組むグローバルアクセラレーター3社が、京阪神のスタートアップエコシステムの魅力について意見を交わします。

時間

2021年2月18日(木)14:00~14:55(予定)

視聴方法

2021年1月中旬より視聴申込み受付開始