JP | EN
OSAKA INNOVATION HUB

大阪・関西万博

人類共通の課題解決に向け、先端技術など世界の英知を集め、
新たなアイデアを創造・発信していきます。

大阪・関西万博では、コンセプトである「People’s Living Lab(未来社会の実験場)」に基づき、カーボンニュートラル、デジタル技術、次世代モビリティなど、最先端の技術や社会システムを運営、展示等に活用する未来社会ショーケース事業やAR・VRなどの先端技術を活用して、会場外からも大阪・関西万博を体験することのできるバーチャル万博などが実施されます。

うめきた2期地区
開発プロジェクト

「みどり」と「人」との関係性から、新たなライフデザイン・イノベーションを生み出します。

国等のイノベーション支援機関の入居を想定したオフィスや、会議室・講義室などから構成されるプラットフォーム施設、イノベーション創出を事業とする企業などが位置する場所として、コワーキングスペースやSOHO、交流スペースなどを有したイノベーション施設を整備。グランフロント大阪の知的創造拠点「ナレッジキャピタル」などとの連携を図りながら、新たなライフデザイン・イノベーションの創出をめざします。

大阪スマートシティ
パートナーズフォーラム(OSPF)

大阪府、府内43市町村、企業、大学、シビックテックと連携した推進体制で、“大阪モデル”のスマートシティの実現をめざします。

大阪府、府内43市町村、企業、大学、シビックテックなどで構成する「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」では、地域課題を抱える市町村と企業・団体が共同してソリューションやサービスの実証・実装を進め、課題解決につなげる取組を推進しています。

具体的な取組

  • ・スマートヘルスシティや高齢者にやさしいまちづくり等のプロジェクトの推進
  • ・大阪府・府内43市町村の持つ課題の見える化
  • ・課題解決に向けたソリューションを持つ企業と企業、行政を繋ぐコーディネート
  • ・テーマに応じたワークショップやセミナーの開催
  • ・大阪のスマートシティ推進に関する幅広い情報発信