大阪スタートアップ・エコシステム

04. 大阪生まれのイノベーション

スタートアップ企業

さくらインターネット株式会社
さくらインターネット株式会社
インターネットインフラサービス
さくらインターネットは、当時18歳だった田中邦裕が創業、サーバーを自身で運用、友人に貸しはじめたことから事業が始まったインターネットインフラサービス会社。1999年に大阪で会社を設立すると、レンタルサーバーを当時の相場価格の10分の1程度で提供して価格破壊を起こした。現在はサーバーサービスのほか、これまでの経験や実績をいかし、IoT分野をはじめとする新たなインターネットサービスの開発にも取り組む。
akippa株式会社
akippa株式会社
駐車場予約アプリ「akippa」
駐車場予約アプリ「akippa」は日本で最も成功しているシェアリングエコノミーサービスの1つで、車を運転する人が駐車場を15分単位で予約できる。個人宅、マンション、事業所などの空きスペースを持つオーナーが、akippaに駐車場として登録・掲載し、利用したいユーザーに提供する。ユーザーは駐車場をオンランイン決済で簡単に予約・利用でき、オーナーは駐車場が利用された料金に応じた報酬を受け取る事ができる。
ライトタッチテクノロジー株式会社
ライトタッチテクノロジー株式会社
採血不要の非侵襲型血糖値センサー
ライトタッチテクノロジー株式会社は、特殊なレーザー光に指を約5秒間かざすだけでリアルタイムに血糖値が測定できる技術を開発した。糖尿病患者は1日4?5回の苦痛を伴う採血により血糖値を測定し、医療廃棄物による感染症の危険や処理費用等の課題を抱える。採血をなくせば患者負担を飛躍的に軽減し、血糖値測定のハードルを下げて早期の発見や対策を促進し、国内で年間約1兆2000億円を超える医療費削減に貢献できる。
マイクロ波化学株式会社
マイクロ波化学株式会社
マイクロ波化学プロセス
マイクロ波化学株式会社は、不可能と言われてきたマイクロ波による化学品量産工場の立上げに世界で初めて成功した。100年以上「熱と圧力」による同じ製法でものづくりを続け、広大な敷地と膨大なエネルギーを必要としてきた化学産業において、「省エネルギー・高効率・コンパクト」な製法を実現し、既存の製法ではなし得なかった新素材の製造も可能にした。医薬、電子材料、食品、燃料なと゛、幅広い分野へ応用展開されている。
株式会社MARUI-PlugIn
株式会社MARUI-PlugIn
3DCG制作ソフト「Maya」のプラグイン「MARUI」
株式会社MARUI-PlugInが開発した「MARUI」は、3Dアニメーション制作ソフト「Maya」のプラグインツールで、VR空間での直感的でスピーディな3DCG作成を手頃な価格で可能にする。従来のPCスクリーン上での制作と比較して、作業時間を最大60%短縮してコストを削減し、クライアントやチームメンバーとのイメージ共有からクオリティチェックまでのコミュニケーションもより円滑になる。
PLEN Robotics 株式会社
PLEN Robotics 株式会社
手のひらサイズのAIアシスタント「PLEN Cube」
PLEN Cube(プレンキューブ)は、PLEN Robotics社が開発した手のひらサイズのAIアシスタント・ロボット。顔認証と音声認識機能、多彩な動きによるインタラクションで店舗の受付業務の効率化、飲食店での注文、決済などサービス業の省力化、無人化を目指す。収集した顧客データは顧客管理やマーケティングデータとして活用でき、人手不足解消の鍵となる多様なテクノロジーを簡単に低価格で導入できる。
ArchiTek株式会社
ArchiTek株式会社
小型・低消費電力「エッジAIプロセッサ」
現在開発が進む独自アーキテクチャによる「エッジAIプロセッサ」で、各種データ処理とAI処理を同時並行で実行できる。高い電力性能、小型化、低コスト、低レイテンシを実現し、GPUなどの既存デバイスでは難しいエッジへの実装が可能となる。AIや画像処理によりエッジデバイスをインテリジェント化でき、スマートシティやスマートアグリなどのアプリケーションに最適。2020年にサンプルLSIチップをリリース予定。
株式会社フリープラス
株式会社フリープラス
旅行会社の枠を超えたインバウンド事業
FREEPLUSは2010年より訪日旅行事業に参入。以来、訪日旅行事業、ホテル事業、地方創生事業を主軸に成長を遂げてきた。訪日旅行事業では外国人ツアー客をターゲットとした旅行の企画、訪日後の移動、宿泊、食事、ツアーガイドなど、旅に必要なさまざまな手配を包括的に請け負い、40ヵ国1,000社以上の旅行会社と取引実績がある。ホテル事業では大阪2棟, 福岡1棟, 来年春に札幌1棟の開業予定。
株式会社Review
株式会社Review
ビジネスマップ – macci(マッチ)
株式会社Reviewが提供するmacci(マッチ)は、約620名の調査員がオフラインで集めた「今」の街の情報をリアルタイムでデータ化するビジネスマップツール。東京23区・大阪市24区全域の全ての道を網羅し、建設中の物件・駐車場・店頭の求人貼紙・新規オープン店舗/施設・空地/更地といった情報を日々更新する。50万件を超えるビッグデータを保有し、不動産や広告業界などあらゆるビジネスで活用されている。

パイオニア企業

シャープ株式会社
シャープ株式会社
業界初のカメラ付き携帯電話
シャープペンシルの生みの親であるシャープ株式会社は、2000年に業界初のカメラ付き携帯電話を商品化した。カメラがついていたのは本体背面のみだったが、レンズの隣には今日の「セルフィー文化」を予測するように自撮り用の鏡がついていた。世界に先駆けた日本のカメラ付き携帯電話ブームは、日常的にデジタル写真を撮影・共有する文化の起点となり、のちにインスタグラム等のSNSが爆発的に発展するきっかけを生み出した。
元禄産業株式会社
元禄産業株式会社
世界初の回転寿司
世界初の回転寿司は、元禄産業株式会社の創業者、故・白石義明が1958年に大阪でオープンした。ビール工場のベルトコンベアにヒントを得て、約10年かけて開発した「旋回式食事台」は、当時高級品だった「寿司」を誰もが手軽に楽しめるものに変化させた。1970年の大阪万博出店をきっかけに全国から注目を集め、回転寿司は一大ブームとなったあと定着した。今や日本の食文化の1つとして世界にも広がりをみせている。
オムロン株式会社
オムロン株式会社
世界初の無人駅システム
切符や定期券を瞬時に読み取る自動改札機などで構成される世界初の無人駅システムは、電鉄各社と共同でオムロンが開発を手がけて、1967年に大阪の阪急北千里駅で導入された。当時はラッシュ時に定期券利用者が長い列を作り、人ごみで倒れるなど頻繁にけが人が出ていた。欧米を中心に普及していた自動改札機は定期券が使えず、速度も毎分10~20人と遅かった。同システムは毎分60~80人という速さで、のちに米IEEEのマイルストーン賞が贈られた。
日清食品株式会社
日清食品株式会社
インスタントラーメン
創業期の起業家をはじめ、世界中で夢を追いかける若者たちの食生活を支えているインスタントラーメンの歴史は、日清食品の創業者・安藤百福が1958年に大阪で発明した「チキンラーメン」から始まる。その後、アメリカ視察の際に現地のバイヤーがコーヒーカップにチキンラーメンを入れてお湯を注いだ光景をヒントに、1971年にはカップヌードルを発売。時代とともに進化する食のイノベーションとして、今でも国境を越えて愛される商品となっている。

このページは、中小企業地域資源活用等促進事業の助成金を活用して実施しています。