HackOsaka2017
日本語 English
HackOsaka2017公式アプリ

イノベーション文化を創る『デザイン』の力
- The Power of Design for Innovative Culture -

5回目となる今回の開催テーマは「イノベーション文化を創る『デザイン』の力-The Power of Design for Innovative Culture―」。

世界で活躍する新進気鋭の起業家や、各地のエコシステムづくりを推進するアジテーター、リサーチャーをお招きし、ここ大阪でのイノベーション創出をめざすムーブメントを一過性のもので終わらせることなく、市民も参画するまちぐるみの文化として根差すものとなるための『デザイン(設計)』を探ります。

さらに、今回は「Stage Arena」に加え、「Communication Arena」を新設。イノベーション文化を担う、学生や若手スタートアップといった若年層をターゲットとした新企画が盛りだくさんです!

英語講演については、同時通訳(機器貸出無料)がつくほか、通訳が可能なスタッフも常駐するので、言葉の壁を気にせず、お気軽にご参加いただけます。

関西最大級の国際イノベーション会議へぜひ、ご参加ください!!

ABOUT
日時
2017年2月9日(木)13:00-19:00(開場12:00)(予定)
定員
講演:600名(起業家、投資家、新規事業担当者、メディア、アカデミアなど)
交流会:100名 ※事前申込み制
開催場所
コングレコンベンションホールA、ルーム1〜3(グランフロント大阪 ナレッジキャピタルB2階)
交流会:スーホルムカフェ アンド ダイニング梅田(グランフロント大阪ナレッジキャピタル1階)
参加費
講演:無料
交流会:4,000円(税込)※申込みページより先払い
申込締切
2017年2月2日(木)
主催者
国際イノベーション会議Hack Osaka 2017実行委員会(構成団体:大阪市、(公財)都市活力研究所)
STAGE ARENA
PROGRAM(同時通訳付き)
  • (1)グローバルチャレンジャーズトーク
  • (2)基調講演
  • (3)パネルディスカッション
  • (4)ピッチコンテスト
SPEAKERS(予定)

「スタートアップから始まるデザイン変革(仮)」

土屋 尚史
(株式会社グッドパッチ 代表取締役社長 / CEO)

1983年生まれ。Webディレクターとして働き、サンフランシスコに渡る。
btrax Inc.にてスタートアップの海外進出支援などを経験し、2011年9月に株式会社グッドパッチを設立。
UIデザインを強みにしたプロダクト開発でスタートアップから大手企業まで数々の企業を支援。
2015年にベルリン、2016年には台北に進出。
自社で開発しているプロトタイピングツール「Prott」、フィードバックツール「Balto」はグッドデザイン賞を受賞している。

「英国ブリストルから学ぶ、イノベーション文化を可能にするもの ー800年の歴史が教えてくれたことー」

Nick Sturge
(Director of Engineshed)

ニック氏は、ブリストル市とバース市地域で成長目覚ましいエコシステムのアジテーターである。持続可能で包括的な経済成長の促進を使命とする、エンジン・シェッドの創立者であり、現代表を務めている。
エンジン・シェッドはブリストル市議会とブリストル大学の提携によって設立。世界有数の大学が支援するビジネス・インキュベーターであるSETスクエアド(2015年)やローカル・エンタープライズ・パートナーシップ、インベスト・ブリストル・アンド・バースを設けており、英国で最も接続のよい地上交通ハブの一つに位置するビジネス・ラウンジや続き部屋の会議室なども完備しており、プロバイダーを教育している。
また、ニック氏はテクノロジー・スタートアップ企業を共同設立しており、同社は2000年にロンドン証券取引所に上場されている。一方で、活動的なエンジェル投資家でもあり、英国経営者協会の英国南西部地域理事と英国審議委員を務める。
2005年から2016年までの間に、ブリストルSETスクエアド・センターを、60を超えるハイテク関連の高度成長企業を会員とするまでに育て上げた。同センターは会員企業全体で10,000人を雇用しており、この11年間でおよそ2億ポンドの資金を調達している。

Ajay Revels“Politemachines.com”

エイジェイ・レヴェルス氏は「戦略的デザイン」の研究者であり、企業やスタートアップチームが独自のイノベーションの機会を発見し発展させるための支援を行っている。システム思考、生態学、人類学、そしてデザインアプローチを駆使しながら、顧客の潜在的ニーズを見出し、複雑な問題空間を視覚化し、可能な解決策を試ている。
2000年より、レイザーフィッシュ、HUGE、アダプティブ・パス、フロー・インタラクティブといった米国、英国のデザイン企業に従事し、CNN、MTV、ライオンズゲート・フィルムス、センター・フォー・フォーリン・リレーションズ、TDアメリトレード、ADPの製品およびサービス戦略を開発してきたという実績を持つ。
また、研究の環境は多岐にわたり、米国、英国、日本でのヘッジファンド、大学、病院、証券取引所、コミックコンベンション、報道スタジオ、個人宅などが挙げられる。
ほかにも、ニューヨーク大学およびスクール・オブ・ビジュアル・アーツで顧客発掘とリーンローンチパッドを教え、伊藤園茶ッカソンにも参加。スタートアップに助言し、資金確保について勝利チームを指導してきた。
2016年には、スタートアップの状況を知るために訪日。 絶えず知識を深めており、プラット・インスティテュートでデザイン・アントレプレナーシップ、メンロ・イノベーションでハイテク・アンソロポロジー、コミック研究センターで漫画なども学んでいる。

吉川 正晃
(大阪市 経済戦略局 理事)

大阪市が、2013年、グランドフロント内に設置した「大阪イノベーションハブ」の推進責任者として公募で選出される。
前職では、大手メーカの海外事業やIT分野子会社の設立と経営にも携わった。
海外ベンチャー企業との提携、国内外の研究機関との産学連携などを実施し、数々の新規事業を立ち上げた経験を持つ。
今、自らの経験から、「起業家は、問題をビジネスとして解決する英雄」とし、街ぐるみで起業家を生み、育てる環境造りを行っている。
中小企業診断士。

Sushi Suzuki
(京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab特任准教授)

京都に生まれながら、アメリカに15年以上、ヨーロッパに5年以上居住。スタンフォード大学機械工学修士号、ライス大学機械工学士号およびスタジオアーツ 文学士号を有する。 現在は、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任准教授として、スタンフォードやIDEOが掲げるイノ ベーション方法論である「デザインシンキング」をベースにした様々なプロジェクトを企画実 施そして自らも教鞭をとる。 それ以前は、パリの École des Ponts ParisTech にてデ ザインイノベーションについて教えながら、Paris Est d.school を共同設立。スタンフォード大学 ME310 ディレクターとしても活動していた。また、パナソニック欧州研究 所でイノベーションチームを立ち上げ、i-kimono.com というアンティーク着物・小物をネット販売する日本のスタートアップ企業の立ち上げメンバー、ドイツを拠点とするセマンティックプロダクトサーチエンジン である Yocondo のコンセプトデベロッパーでもある。

HACK AWARD 2017
国内外の起業家によるビジネスプランコンテストを開催します。世界的なイノベーター、アクセラレータなど約5名が審査を行い、優秀者には豪華賞品が与えられます。
テーマはデジタルヘルス、トラベルテック、スマートシティで、対象はInternet of things、インターネット、モバイル、ソフトウエア、デジタルコンテンツ、コンシューマーエレクトニクス(PDA、ロボット含む)のプロダクト、サービスなどネット・IT全般のビジネスを展開しているシード、アーリーステージの企業をが登壇。

みなさまの挑戦をお待ちしています!

日時
2017年2月9日(木)午後4時~午後6時(予定)
* 国際イノベーション会議の一部として実施します。会議の進行により時間が前後する可能性があります。
テーマ
デジタルヘルス、トラベルテック、スマートシティ
対象
●Internet of Things、インターネット、モバイル、ソフトウェア、デジタルコンテンツ、コンシューマーエレクトロニクス(PDA、ロボット含む)のプロダクト、サービスであること
●デモンストレーション可能なプロダクト、サービスであること
●未公開もしくは他イベントで受賞したことのないプロダクト、サービス歓迎します。
審査員
・アレン・マイナー氏(株式会社サンブリッジ 代表取締役会長兼CEO )その他数名を予定
登壇者
  • Timur Emre 氏Berlin
    Mimi Hearing Technologies
    個人の耳の形に合わせたイヤホン
  • Hiroki Okazaki/岡崎 弘樹 氏Osaka/Japan
    At Co., Ltd.
    毛細血管を健康の指標に
  • Indrranil Roychowdhury 氏Singapore
    Docquity
    東南アジアとインドでドクターネットワークを構築。CMEのオンラインテストを提供
  • Larry Chua 氏Indonesia
    Caption Hospitality
    long tail accomodationのための予約システム
  • Kenshin Fujiwara/藤原 健真 氏Kyoto/Japan
    Hacarus Inc.
    食改善による健康増進
  • Max Krichenbauer 氏Osaka/Japan
    MARUI Plugin
  • Roman Belkin 氏NYC
    Cadiomo
    心臓の不具合を検知するデバイス
  • Adrien Sadaka 氏Paris
    Timescope
    セルフサービスVRターミナル
  • Ela Slutski 氏Holland
    Holiday-Sitters
    あなたの言語のベビーシッターを探すことができるアプリ
  • Régis Duhot 氏Toulouse
    PARKISSEO
    駐車場の空き情報を通知するハードウェア

COMMUNICATION ARENA
例年のサブ会場を「Communication Arena」としてリニューアル。スタートアップと投資家、企業、メディア、学生、スピーカーなど、大阪に集まった参加者やゲスト同士の交流をより一層促進し、会議後も続くコミュニケーションを作ります。
また、Communication Arena内各所で大阪の物産物を中心としたスナック、飲料を提供。休憩中、隣り合った方との新たな出会いを促進。通訳が可能なスタッフも常駐するので、言葉の壁も気にせず、気軽にご交流いただけます。
STARTUP SHOWCASE
Osaka Innovation Hubでこれまでに生み出されてきたスタートアップを中心に、ホットな企業20-30社がブース出展。VC、起業支援者、ベンチャーとのアライアンスをお探しの企業などとの出会いを創出します。
11月下旬より出展者を募集します。

受付けは終了しました。

SPEED DATING
海外VCを含め、VCとスタートアップとの直接対話を実現。配布パンフレットに参加VCの投資対象を記載、飛び入り参加も可能なライブ感あるネットワーキングを実現します。また、今回は新たにVCやスタートアップとのアライアンスを進める事業会社とのDatingも実施予定。
※1月上旬~Dating参加企業を紹介
COMMUNICATION STAGE
今回は新たにCommunication Arena内にもミニステージを設置。学生や若手スタートアップといった若年層を対象としたピッチやワークショップ、誰でも飛び入りで参加できるWalk-in Pitch、キーノートスピーカーたちとのMeet upなど、ゲストと参加者、企業との距離を近づけるためのバラエティあふれる新企画を多数開催します。

12:20
Workshop
吉田田タカシ

「つくる」を通して「いきる」を学ぶアートスクール、アトリエe.f.t.代表。 創造性を開発する刺激的なワークショップを武器に、京都造形芸術大学や大阪歯科大学で非常勤講師を勤める傍ら、 ロックバンドDOBERMANのボーカルとして、フジロックを始め、世界中の大型フェスでも活躍。 さらにはクリエイティブディレクターとしてマルチに活動中。

13:30
【登壇者募集】
「Student Battle Field」 Hack Osaka 2017
学生対象ビジネスアイディア ピッチコンテスト

関西の未来を担う学生によるビジネスアイディアピッチコンペティション。書類選考を通過した学生がステージの上に立ち、関西を大きくするアイディアを新設されたコミニュケーションアリーナでプレゼンしてもらい、最も関西を大きくするアイディアを語った学生を決定いたします! その参加者を募集中!!


15:30
Monozukuri Hardware Cup

ものづくり起業家のための世界的ピッチ大会の日本予選を大阪で開催。
世界への切符を手に入れませんか?」


MAP
ACCESS MAP

コングレコンベンションホールA、ルーム1〜3(グランフロント大阪 ナレッジキャピタルB2階)
CONTACT
お問合せ
Hack Osaka2017実行委員会事務局
TEL: 06-6359-3004 (月~金 10:00~18:30 ※祝日、年末年始除く)
※イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。