Hack Award 2022~登壇者募集~

「Future Society(豊かで安心した暮らしや持続可能な社会)」をテーマに、「次世代モビリティ」「インフラ(既存インフラの効率化、通信含む次世代インフラ等)」分野を中心にビジネスプランを有する国内・海外のスタートアップを募集します。

日時

2022年2月10日(木)15:00~16:30(JST)(予定)

*国際イノベーション会議「Hack Osaka 2022」の一部として実施します。会議の進行により時間が前後する可能性があります。

*表彰式は16:30以降に行います。

*Hack Award 2022に出場したスタートアップは、大阪・関西の大企業等との商談会に参加していただけます(2022年2月7日(月)~9日(水)で調整中)。

テーマ・対象分野

Future Society(豊かで安心した暮らしや持続可能な社会)
主に、「次世代モビリティ」「インフラ(既存インフラの効率化、通信含む次世代インフラ等)」分野

※大企業との協業など、大阪・関西発のオープンイノベーションに寄与するビジネスモデルであること

(参考:イノベーション都市「大阪・関西」の魅力)
●関西経済同友会関西ベンチャーフレンドリー宣言
●近畿経済産業局Invest Japan, Invest Kansai)

製品・サービスの形態

AI、IoT、VR/AR、ロボティクス(自動化)、デジタルマーケティング、空間モニタリング、センシング、データ分析等を活用した製品・サービス

募集企業

国内・海外のアーリー期以降のスタートアップ

応募方法

応募期限までに、以下リンクより英語でアプリケーションフォームを入力のうえ送信してください。

※リンクにアクセスできない場合は、応募用紙(Word)をダウンロードのうえ、以下送付先までご提出ください。

入力フォーム

※製品・サービスの内容がわかる補足資料、動画を添付いただいても結構ですが、現物の送付はご遠慮ください。なお、提出物は返却しません。

<応募書類 送付先>

国際イノベーション会議Hack Osaka実行委員会事務局担当:髙野(hackaward2022@urban-ii.or.jp)

応募用紙ダウンロード

応募期限

2021年10月17日(日)23:59(JST)

書類審査

1. アイデアの斬新さ Originality

2. 実現可能性 Reality

3. 社会のインパクトの大きさ Impact

4. 成長性 Scalability

5. 日本進出に対するモチベーション・積極性 Motivation

以上の観点から書類審査を行い、2022年2月10日(木)のHack Award 2022に登壇いただく企業を10社選定します。

書類審査の結果は、2021年11月中旬にメールで通知します。なお、審査結果、講評については開示しません。

書類審査通過者には、英語のピッチ動画を登壇者自ら撮影のうえ2021年12月中旬までに提出していただきます。

備考

・当日は、登壇するスタートアップにてそれぞれ事前に収録したピッチ動画を放映します。

・ピッチ時間は1社5分間です。

・1社3分程度の質疑応答を行います。VC・アクセラレーター・シリアルアントレプレナー等数名の審査員からの質問を、2022年1月上旬目途に事務局より個別に通知し、その回答を動画にて1月中に返信いただく予定です。

・登壇するスタートアップのピッチ及び質疑応答を審査員が評価し、上位のスタートアップを表彰します。

・ピッチ動画及び質疑応答の撮影環境や提出日等の詳細については、登壇するスタートアップに後日通知します。

・Hack Award当日のピッチ内容は、2022年2月10日(木)以降、一定期間アーカイブ掲載予定です。

※関西…大阪を中心に、京都・神戸などの大都市や周辺の地域も含む人口約2,300万人、面積約33,000㎢の大都市圏で、大企業、中小ものづくり企業、有力な大学・研究機関が集積している。