ホームイベントイベントレポート【2018年12月16開催】ミライノピッチ2018を開催しました。

【2018年12月16開催】ミライノピッチ2018を開催しました。

4年目となる今年は、過去最多の登壇者数と観覧者数を記録し、会場内はアツい熱気に包まれました。

全国大会である「起業家甲子園・起業家万博」の予選が日本各地で行われていますが、NICTメンターの判断により、ピッチレベルが低ければ、全国大会に出場はできません。

しかし今年は、非常にピッチレベルが高く、情報通信研究機構(NICT)のメンター審査員からも大絶賛の嵐。無事NICT賞をいただき、学生部門は、滋賀医科大学、一般部門は、OSAP採択企業の空き家活用株式会社が、全国大会へ進出決定しました!

全国大会は2019年3月11日(月)、12日(火)に東京で開催します。

学生部門10チーム、一般部門7社が、ピッチ登壇し、下記の通り、受賞者が決定いたしました。おめでとうございます!

NICT賞受賞者

学生部門


滋賀医科大学 高畑 翔吾氏
「Face IDを活用した、脳卒中発見アプリ」

一般部門


空き家活用株式会社 和田 貴充氏
「空き家活用データベース『AKIDAS』の構築」

学生部門

NICT賞 滋賀医科大学 高畑 翔吾氏
「Face IDを活用した、脳卒中発見アプリ」
近畿総合通信局長賞 立命館宇治高校 植田 愛理氏
「振動発電機能付スマホケース Stergy(ステルジー)」
OIH賞 大阪大学大学院 山田 遊馬氏
「複数のLiDARセンサを用いた人流計測システム『ひとなび』」
さくらインターネット賞 京都工芸繊維大学 中原 陸氏
「プログラミング復習アプリ Remain Data」
オーディエンス賞 大阪大学大学院 山蔦 栄太郎氏
「盲ろう者のコミュニケーションを拡大する『ゆびとん』」

一般部門

NICT賞 空き家活用株式会社 和田 貴充氏
「空き家活用データベース『AKIDAS』の構築」
近畿総合通信局長賞 Mui Lab株式会社 大木 和典氏
「静かなデザイン『Mui』によるスマートホームでの情報体験」
OIH賞 株式会社エー・エス・ピー 林 直樹氏
「日本の農業を世界で一番なりたい職業にする『技術承継型栽培システム』」
さくらインターネット賞 株式会社Bridge 杉本 雄作氏
「残土処分を革命的に変えるオンラインサービス『DANPOO』」
オーディエンス賞 Mui Lab株式会社 大木 和典氏
「静かなデザイン『Mui』によるスマートホームでの情報体験」

一覧に戻る