イベントレポート

【2019年12月18日開催】産学連携テックミーティング「関西学院大学 感性価値創造シンポジウム」

■イベント概要

関西学院大学「感性価値創造研究センター」では、産業や生活環境における新たな感性価値を創出するため、科学・技術・芸術を融合した新しい方法論の研究を行っています。
生活シーンでのわくわく感や快適感、また製品の高級感や特別感といった人の気持ちや感じ方に内在する価値の本質を探究し“感性価値”と定義し、拡張し、付加価値を生み出す感性価値社会をめざしています。

今回の「感性価値創造シンポジウム」では、JSTのCOIプログラムに参画し、個人に根差した価値を具現化する「デザインサポートプラットフォーム」の実現をめざした研究シーズについて、長田典子センター長の講演をはじめ、6名の研究者から、以下の内容について発表を行いました。

  • 「感性指標化の基本理念と形状・色彩デザインへの応用」   片平 建史 氏
  • 「AI・ビッグデータを利用した感性指標の自動構築」     橋本 翔 氏
  • 「感情指標化手法を用いたユーザ分類」           杉本 匡史 氏
  • 「CNNを用いた感性に基づくテクスチャ解析、検索、生成」 飛谷 謙介 氏
  • 「触感計測装置と質感デザインへの応用」          山﨑 陽一 氏
  • 「デザインの価値を促進する専門的知識の体系化とデザインナビゲーション」   猪股 健太郎 氏
  • 関西学院大学研究推進社会連携機構 研究創発センター長 水木純一郎教授の開会挨拶

    大阪市経済戦略局 イノベーション担当部長 馬越宏輔氏の開会挨拶

    三菱電機株式会社 田中健一氏の基調講演

    関西学院大学 感性価値創造研究センター長 長田典子教授の講演

    片平建史研究特別任期制講師の発表

    橋本翔研究特別任期制助教の発表

    杉本匡史研究特別任期制助教の発表

    飛谷謙介研究特別任期制准教授の発表

    山﨑陽一研究特別任期制助教の発表

    猪股健太郎研究特別任期制助教の発表

    関西学院大学研究推進社会連携機構 研究創発センター副長 松田祐介教授の閉会挨拶

    展示の様子

    展示の様子

    ■イベント概要

    初めての開催となった関西学院大学の技術シーズ発表会は、イノベーションストリーム内での実施となりましたが、関係者含め123名の参加者にお越しいただき、盛況の中、終了しました。

    今回のテーマは、「感性価値創造」とあまり聞きなれないものでしたが、我々の生活シーンに身近な内容でしたので、参加者の満足度も高く、企業連携にも期待できそうな研究シーズばかり。このような、研究シーズを活用することで、今までになかったプロダクトやサービスが創造され、イノベーションを巻き起こせるのではないでしょうか。
    本研究に興味を持たれた方は、是非、下記、関西学院大学にアクセスし、共同研究開発等の取り組みを開始していただきたいと思います。

    関西学院大学 研究推進社会連携機構事務部 (担当:寺田)

    連絡先 電話:079-565-9052 E-mail:nagata-rd@kwansei.ac.jp

    一覧に戻る