JP | EN

ホーム起業家ライブラリ田中 邦裕 氏(Kunihiro Tanaka)

成功する条件は「どうしてもやりたい!」という熱量。
「目の前の運をすべてつかむ」という覚悟で日々努力する。

田中 邦裕 氏(Kunihiro Tanaka)

代表取締役
会社名さくらインターネット株式会社
ウェブサイトhttps://www.sakura.ad.jp/
事業内容レンタルサーバ(ホスティング)、専用サーバ、ドメイン、データセンター(コロケーション)、インターネット接続サービスの提供

 2015年に東証一部上場を果たした「さくらインターネット」の田中邦裕社長。「もともとロボットを作りたかった」というエンジニア少年が、サーバーを顧客にレンタルするという現事業で創業したのは、舞鶴高専3年生の時(1996年)。「仕様を決めて、日々機能を更新して、みんなの情報発信を支えるのが楽しかった」と当時を振り返る。

 「サーバーが好き」「使ってくれる人が喜んでくれるのがうれしい」という創業時の思いは、一部上場した今も変わっていない。夢を叶え、地位も財産も手にし、すべてが順風満帆なようだが、ここに至るまでには、さまざまな葛藤と苦悩があった。

 高専を卒業した1998年に、大阪市内に事務所を構え、株式会社を設立。ITバブルの追い風もあり、売上げは順調に伸びたが、その分組織も大きくなり、家賃や人件費といった固定費の捻出が課題となった。サーバー管理が楽しくて起業したはずだったのに、資金繰りに奔走することも多くなった。さらに2000年にVCから投資を受けてからは、「上場」が組織の目標になっていく。利害関係者が増え、自由さが感じられなくなった。「自分が本当にしたいことはこれなのか?」と悩み、2000年12月、社長の座を退くことにした。

 副社長として引き続き経営に携わる中で、会社は2005年に東証マザーズへ上場。しかし2年後の2007年には、拡大した事業の不振により債務超過に陥る。7年ぶりに社長に復帰し、陣頭指揮を執ることになった。

 苦境の中で拠り所になったのは、「ユーザーが喜ぶサービスを低価格で提供する」という創業の原点だ。ITバブルの崩壊、iPhoneやiPadの登場による社会構造の変化といった波を捉え、顧客の困りごとを解決することにひたすら力を尽くした。組織マネジメントにおいては、「思いを伝えること」を大事にした。「不満はたいていコミュニケーションロスから生まれる。だから、『わかっているはず』で終わらせず、わかり合えるまで話す」。500名近くの社員を抱えるようになった今も、社員と言葉を交わし、現場が働きやすい環境になっているかに心を砕く。

 最後に、成功に必要なことは何かを尋ねてみた。「計画しても、その通りにいくとは限らない。大事なのは、日々の努力はもちろん、目の前に現れた運を絶対につかむという覚悟と、どうしても実現したいという熱意。成功するかどうかはやってみなければ分からないけれど、努力していない人、熱意のない人が成功することは絶対にない」。そう淡々と語る姿に、芯の強さが感じられる。

 上場したからと奢ることなく、常に笑顔で丁寧に人と付き合うスタンス。この穏やかな人柄が成功の決め手のように感じた。

一覧ページへ戻る