News

Osaka Startup Ecosystem Consortium Holds First Working-Level Meeting

2020.01.09

Osaka Startup Ecosystem Consortium Holds First Working-Level Meeting

The Osaka Startup Ecosystem Consortium, established on October 31 2019, held its first working-level meeting on December 11. Working members from 26 organizations and Mr Masaaki Yoshikawa, an individual member participating as a key person, joined the sessions.

During the meeting they exchanged information on the environment in Osaka for startup businesses, as well as on national strategies for expanding startup bases in Japan, and the selection of candidate cities.

Each and every one of the participants proposed ideas for possible initiatives and together discussed goals, actions and the future direction for building a robust startup base city in Osaka.

The Mori Memorial Foundation’s Institute for Urban Strategies, which recently published its “Global Power City Index 2019” of 48 major cities, gave a presentation titled the “Strengths And Weaknesses Of Osaka As A City”. The Institute pointed out that it would be necessary for Osaka to demonstrate strengths focusing on some specific fields, such as an enhanced capacity for receiving even more foreign visitors, in order to improve the city’s standing and stand out in the world. All participants benefitted from the discussions and the presentation sharing perspectives on Osaka’s strengths and objectives.

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアムが実務者会議を開催

 2019年10月31日に設立された大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアムは12月11日、第一回目の実務者会議を開催し、構成員である26機関の実務者とキーパーソンである吉川正晃氏が参集した。

 大阪のスタートアップ拠点形成に関し、国のスタートアップ拠点戦略および拠点都市選定に向けた動きとともに、大阪のスタートアップビジネス環境についての情報が共有された。

 そして今後の取組等について出席したすべての構成員が発言し、スタートアップ拠点計画形成に向けた取組、目標、今後の方向性を共有する基盤となる意見交換の場となった。

 また、主要48都市を網羅した「世界の都市総合ランキング2019」を発表した森記念財団都市戦略研究所から「大阪の都市としての強みと弱み」について講演があり、「大阪がさらに総合力評価を高めるためには、外国人訪問者の受け入れ環境の拡充など、いずれかの分野で特化した強みを発揮することが必要である」と指摘。参加者は大阪の強みと努力目標についても認識を共有した。