News

Smart City Osaka : Accelerating demonstration experiments centering on the field of mobility

2020.01.20

Smart City Osaka : Accelerating demonstration experiments centering on the field of mobility

From 10 December 2019 Osaka Metro Co Ltd kicked off an experimental demonstration of a ‘ticketless ticket barrier’ . A camera attached to the ticket barrier takes a facial photo of a passenger and checks this against the pre-registered data. If verified, the ticket barrier automatically opens. Another method of using a QR code reader is also being tested.

Osaka Metro and its subsidiary, Osaka City Bus, also demonstrated to the news media how their ‘self-driving bus’ ran on the road west of the Grand Front Osaka complex in Kita Ward, Osaka City. Additionally, a test drive opportunity for 250 pre-registered passengers was held. This was the first time for a ‘self-driving bus’ to run on a public road in Osaka.

In this way, experimental demonstrations have been conducted one after another, mainly in the field of mobility, aiming at the realisation of “Smart City Osaka”.

スマートシティ大阪:モビリティ分野を中心に実証実験が加速

大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)によるチケットレス改札機の実証実験が、2019年12月10日から開始された。改札機に取り付けられたカメラにより撮影された顔部分の写真と、事前登録された顔写真のデータを照合し、承認されれば改札ゲートが開閉するというもの。同時に、QRコードリーダーの読み取りによる方式も試される。

また大阪メトロと子会社の大阪シティバスは、大阪市北区のグランフロント大阪の西側道路で、自動運転バスが走行する様子を報道機関に公開した。障害物などが設置された往復約600メートルのコースで、仏メーカー製の自動運転バスを走らせた。さらには事前に応募した250人の乗客を対象に、試乗会も開催された。公道上での自動運転バスの走行は、大阪市内では初という。

このように「スマートシティ大阪」実現に向けて、モビリティ分野を中心に実証実験が次々に実施されている。