News

5 Osaka startups join “Startup City Acceleration Program” by the Cabinet office, Government of Japan

2021.02.05

5 Osaka startups join “Startup City Acceleration Program” by the Cabinet office, Government of Japan

The Cabinet office will provide the program for 4 locations across Japan, including Osaka, Kyoto and Hyogo-Kobe Consortium which were selected as “Startup Ecosystem Global Hub City” on July 2020, in cooperation with JETRO.

Top tier global accelerators, Techstars and WiL, will operate the program for 8 weeks from the beginning of February.

50 startups recommended by the selected cities join the program. Through the program, it is expected that participating startups will build strong networks with global investors and business partners, and get opportunities for expanding their business and funding globally.

Osaka startup ecosystem consortium has recommended following 5 startups.

Osaka Business Development Agency (OBDA) will support them as the secretariat of the consortium.

内閣府「アクセラレーションプログラム」に大阪のスタートアップ5社が参加

内閣府は、2020年7月に「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に選定された大阪・京都・ひょうご神戸をはじめ、全国4拠点を対象に、ジェトロと共同でプログラムを実施します。※

世界トップレベルのアクセラレーターであるTechstarsWiLが、2月初旬から8週間のプログラムを実施し、グローバル拠点都市から推薦された50社のスタートアップがプログラムに参加します。

このプログラムを通じ、各参加者は海外投資家やビジネスパートナーとの強固なネットワークを構築し、海外への事業拡大や資金調達の機会を得ることが期待されています。

大阪スタートアップエコシステム・コンソーシアムでは、次の5社を推薦いたしました。

大阪産業局は、コンソーシアム事務局としてこのプログラムの参加企業を支援してまいります。

※内閣府プレスリリース「アクセラレーションプログラムの実施者・参加企業の決定について」